ピクシブ百科事典

シャイニングドロー

しゃいにんぐどろー

シャイニングドローとは、遊戯王ZEXAL及び遊戯王ZEXALⅡに登場する能力の一種。
目次[非表示]

最強デュエリストのデュエルはすべて必然!

ドローカードさえもデュエリストが創造する!

全ての光よ!力よ!我が右腕に宿り、希望の光を照らせ!

シャイニングドロー!!

概要

遊戯王ZEXALにて登場する用語であり、能力の一種。
アストラル世界の力を持つ者にしかできない能力であり、初使用者は遊馬とアストラルが合体した究極体ZEXAL。この時の初使用時にはZW-一角獣皇槍を創造している。
その後も逆転の一手となるZWを創造しており、二人の切り札的な存在であった。

遊戯王ZEXALⅡではアストラル世界の守護者「エリファス」とのデュエルにおいてエリファスが使用。デュエル中、常時シャイニングドローをする彼の姿には多くの視聴者を驚かせる事になった。
そして、遊馬も究極体ZEXALにならずとも使用できる事が判明し、その力で「RDM-ヌメロン・フォール」を創造した。

ドン・サウザンドとの決戦では、バリアン世界とアストラル世界を懸けてのカードの創造・書き換えを繰り広げるチート合戦とも言える一幕はあったものの、遊馬とアストラルはこの能力をそういった世界の命運が懸かった絶対に負けられない戦いでのみ使用している。

なお、このドローはカードの創造とは別に、俗に言うディスティニードローとしての役割も持ち、「ハーフ・アンブレイク」や「ダブル・アップ・チャンス」をドローしているシーンがある。

性質と弱点

この能力は「創造」というワードから勘違いされることが多いが、正確には「ドローするカードをその場で書き換えてからドローする」力である。
つまりデッキの枚数が増えるわけではなく、デッキトップのカードを書き換えて引くのがシャイニングドローである。
サルガッソで披露された「リ・コントラクト・ユニバース」は書き換えのタイミングが違うだけで全く同じ能力。

そして、カードの書き換えのために参照する情報は以下の通り。
・自分の手札
・自分のフィールド・墓地・除外ゾーンのカード
・相手のフィールド上の表側表示のカード
つまりは公開されている情報を参照し、その盤面を突破するためのカードを創造するのである。そのため、この力で引き込まれたカードは全てピンポイントメタであり、汎用性はない。また、基本的に書き換わったカードはデュエル後はもとに戻る。

そしてこの性質は、そのままシャイニングドローの弱点となる。
相手の伏せカードや手札など非公開情報は一切考慮されないため、それによって切り返されることも少なくない(実際、初めてシャイニングドローが披露された二度目のカイト戦では伏せカードの効果で引き分けに持ち込まれている)。
加えて、あくまで「その時もっとも必要なカード」を引く能力であるため、次のターン以降必要になるカードは絶対に引くことが出来ない。
エリファスはシャイニングドローを連発していたのが仇となり、この欠点が最終的に響いて敗北を喫している。

ダークドロー

ダークゼアルが使用する闇のドロー。
原理的には同じであるが、光は黒く染まっているのが特徴。
DZW-魔装鵺妖衣というカードを創造している。

バリアンズ・カオス・ドロー

「バリアンの七皇」が使用するドロー。神代凌牙ナッシュとして覚醒した際に七皇全員に与えた。シャイニングドローと同等の力をもち、「RUM-七皇の剣」を引き当てるなどして遊馬達を苦しめた。ちなみにベクターのみ一度も使っていない。

関連イラスト

シャイニングドロー!!
閃光のドローカード



関連タグ

遊戯王ZEXAL 遊戯王ZEXALⅡ
究極体ZEXAL 究極体ZEXALⅡ 究極体ZEXALⅢ
エリファス アストラル 九十九遊馬

pixivに投稿された作品 pixivで「シャイニングドロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4172

コメント