ピクシブ百科事典

シュヴィ・ドーラ

しゅびぃどーら

『ノーゲーム・ノーライフ』の登場人物。現状では第6巻にのみ登場。
目次[非表示]

ノーゲーム・ノーライフの第6巻において、テト初瀬いづなに、6000年前の大戦終結時に活躍し、現在のディスボードの世界を作り上げた主要人物として語った。

第6巻ではリク・ドーラと並ぶ事実上のもう一人の主人公でもある。

CV:茅野愛衣(劇場版におけるキャスト)

人物像

異世界に存在する十六種族(イクシード)と呼ばれる序列の第十位機凱種(エクスマキナ)の少女。
前述のように機凱種であることから、人類種にはできないようなことを平然とやってのけたり、外見的には所々に機械が露出しているものの、それを除けば、外見は10代の黒髪の少女とさほど変わりがない。

リク・ドーラとの関係

リクとシュヴィの出会いは、テトが唯一神になる前の大戦時であり、シュヴィは、「心」を知るために、リクに接触した。
この時点で機凱種とのリンクが断ち切られていたが、リクや彼の率いる人類種たちと行動を共にするうちに、感情や心といったものを理解していく。

その後、リクの姉コローネ・ドーラの仲人により、リクと夫婦になるが……。

名前の変遷

機体個体識別番号は「Üc(ユーバクラスタ)207番機Pr(プリューファ)型4f57t9機」。
リクと出会った際に言いにくいことを指摘されたことから「シュヴァルツァー」という名前を提案するが、それでも「長ったらしい」と指摘されたため、リクがその名を縮めて「シュヴィ」と名付けた。

そして、リクと結婚した際にドーラ家の一員となったことで、その名が「シュヴィ・ドーラ」となる。

関連イラスト

えらーえらー!!!
誓い



関連タグ

ノーゲーム・ノーライフ ジブリール
リク・ドーラ コローネ・ドーラ

pixivに投稿された作品 pixivで「シュヴィ・ドーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99411

コメント