ピクシブ百科事典

シンク・ニルヴァレン

しんくにるゔぁれん

「ノーゲーム・ノーライフゼロ」のキャラクター。
目次[非表示]

CV:能登麻美子

概要

ノーゲーム・ノーライフゼロ』の森精種。
本作品のアニメ版『ノーゲーム・ノーライフ』でのニルヴァレン家に名を残すほどの魔法の使い手。
リクが作った作戦で遭遇する。
遭遇した時は『ニーナ・クライヴ』という偽名で幽霊とゲームで賭けをする。
ゲーム(チェス)はやるつもりは無かったのだが自身が編纂した魔法、「『虚空第零加護(アーカ・シ・アンセ)』の存在が地精種(ドワーフ)に漏れている」と言われゲームから逃げれられなくなる。
チェスの結果はシンクが勝ったが、情報を与えられたのと与えてしまったのを見れば幽霊の勝利だった。
だが、チェスの結果も実は幽霊がわざと負けるようにしていて、それにも気付いていた。

ゲームが終わると本名である『シンク・ニルヴァレン』を名乗り、子孫である『フィール・ニルヴァレン』と同じ口調で話す様になる。

対戦の終わり、天翼種と機凱種と森精種で打ち合い(リクとシュヴィによって)で『虚空第零加護』を使用し、星を壊す事になる。
それで、リクが『星杯(スーニアスタ)』を呼び出す事に繋がる。

容姿

子孫のフィールと似ている。
金髪であり、巨乳な部分や大人の様なおっとりとした雰囲気は子孫に受け継がれている。
あとは森精種の象徴である尖った耳

関連タグ

ノーゲーム・ノーライフゼロ ノンナ・ツェル リク・ドーラ ジブリール

pixivに投稿された作品 pixivで「シンク・ニルヴァレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1496

コメント