ピクシブ百科事典

ジョージ・ハリスン

じょーじはりすん

イギリスのミュージシャン(1943~2001)
目次[非表示]

人物

ロックバンドビートルズのギター奏者。
バンド内では最も外交的で、『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』にエリック・クラプトンを客演させたり、ビリー・プレストンを『ゲット・バック』のセッションに呼んだのも彼の功による。

ビートルズの活動初期においては、ソングライターとしては、ジョンポールの陰に隠れていたが、66年以降はその才能を開花させた。しかし、グループ内ではあまり彼の曲を取り上げてもらえず、それに不満を募らせていたことがビートルズ解散の一因と言われる。一方で、上記の外部ミュージシャンの招聘や、インド音楽要素やシンセサイザーの導入もジョージによるものであり、サウンドに対する貢献は大きいと言えよう。

解散後は『オール・シングス・マスト・パス』が高評を博したが、当時の妻をエリックに寝取られたり(しかもエリックは後年不倫を重ね彼女を裏切っている)、心身の不調もあり、順風満帆とは言い難い時期もあった。

そんな中、1986年に音楽を担当した映画『上海サプライズ』製作現場で知り合ったエレクトリック・ライト・オーケストラのジェフ・リンと意気投合し、翌年発表されたアルバム『クラウド・ナイン』が大ヒット。ジェフとはボブ・ディランらとの「トラヴェリング・ウィルベリーズ」結成など後々まで音楽制作のパートナーとなった。

そして1991年、愛息を亡くしたエリックと日本でジョイントツアーを開催。25年ぶりの、そして日本最期のステージとなってしまった。
翌年にはこのツアーメンバーとレパートリーで単独でのライヴをイギリスで開催。これが最期のパフォーマンスになった。

明けて1993年からは「ビートルズ・アンソロジー」プロジェクトでジョン・レノンの遺したデモをビートルズの“新曲”として作り直し、1995年と1996年にリリース。各地で大ヒットを飛ばした。この時、ジョージの紹介により、“新曲”のプロデューサーとして招かれたのが前述のジェフ・リンである。

しかし1999年晦日、自宅に侵入した賊に重傷を負わされ、さらに肺癌と脳腫瘍を併発。
2001年11月29日、ロサンゼルスで58年の生涯を閉じた。

製作途中だった『ブレインウォッシュド』は2002年にジェフらの尽力で完成。“Marwa Blues”は2003年度グラミー賞の最優秀ポップ・インストゥルメンタル部門を受賞した。

代表曲

ビートルズ時代

○While My Guitar Gently Weeps……1968年、アルバム『ザ・ビートルズ』収録。前述のとおり、エリック・クラプトンがギターソロを演奏している・
○Something……1969年、アルバム『アビイ・ロード』収録。シングルカットされたが、これがシングルA面に収録された唯一のジョージの作品でもある。Yesterdayに次ぐほどのカバーがあると言われるが、その完成度の高さが逆に災いし、フランク・シナトラマイケル・ジャクソンはこれがレノン=マッカートニーの作品だと勘違いしていた。
○Here Comes the Sun……アルバム『アビイ・ロード』収録。シンセサイザーをフィーチャーしている。

ソロ

○My Sweet Lord……1970年。全米・全英で1位を記録したが、盗作問題で訴えられ、敗訴している。
○All Those Years Ago……1981年。ジョン・レノンへの追悼曲として発表された。リンゴ・スターがドラム、ポール・マッカートニーがコーラスで参加している。邦題は「過ぎ去りし日々」
○Got My Mind Set on You……1987年。カバー曲ではあるが、全米1位を記録した。

関連項目

Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョージ・ハリスン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46679

コメント