ピクシブ百科事典

ジョーチェリ

じょーちぇり

アニメ「SK∞ エスケーエイト」に登場する、ジョー×Cherry blossomのBLカップリング。
目次[非表示]

概要

オリジナルアニメ「SK∞ エスケーエイト」に登場する、ジョー(南城虎次郎)×Cherry blossom(桜屋敷薫)のカップリング。

スピードが命でありノリで滑る肉体派のジョーとは正反対に、AIのC(カーラ)が導き出した角度とスピードを的確にこなし滑る頭脳派のCherry blossom。
二人は幼馴染だが、腐れ縁であり犬猿の仲らしく、よくいがみ合っている。

プロフィール

ジョーCherry blossom
本名南城 虎次郎(なんじょう こじろう)桜屋敷 薫(さくらやしき かおる)
誕生日7月7日3月27日
職業イタリア料理店のオーナーシェフ(有名な)AI書道家 
CV松本保典緑川光




アニメ

※以下ネタバレを含みます

第二話

 南城の店に仕事で来た薫だったが、南城が仕事中の薫に話かけた事がキッカケとなり、薫が南城のことを「ボケ茄子」「低能ゴリラ」「ボンクラ」と呼び、南城が薫のことを「守銭奴眼鏡」「腐れ眼鏡」「すかたん」「どてかぼちゃ」と呼ぶなど、まるで小学生がするような踏んだり蹴ったりの喧嘩となってしまう。
また、薫が頼んだパスタに乗っているトマトを南城がつまみ食いしている。
 “S”にて、二人が滑りながらまたもや言い争いしているのだが、とにかく顔が近い
これに対して「相変わらず仲悪いなぁ、あの二人。」とモブが一言。

第三話

 ランガとMIYA、どちらが勝つか、ジョーが「やっぱ賭けようぜ!薫!」とCherry blossomに持ち掛けるも、「その名で呼ぶな…ボケナス!」と回し蹴りを入れられてしまう。(初の名前呼び)
 この回の次回予告は二人が担当している。薫が南城を「ゴリラ」呼びしたことが発端となり、南城が薫を「タヌキ眼鏡」と呼ぶなど、またもや口喧嘩が始まってしまう。だが薫はカーラの充電が切れた事で、一刻も争う事態だと焦っており、南城に病床はあるかと尋ねるが、「ねぇよ!ここはイタリアンレストランだぞ!?」と切り返されてしまう。………お分かりだろうか?つまり二人は、南城のイタリアンレストランに居るのである。
 三話放送後、公式サイトが更新され、お互いのプロフィールに『幼馴染で犬猿の仲』と追記された。(実は当初、PASH! 2021年1月号にて"学生時代からの知り合い"と表記されていた)

第四話

 閉店後の南城の店に二人きり…。最初こそは真剣な話をしていた二人だったが、「俺は愛抱夢にビーフ(決闘)を挑む。」と薫が決意すると、同じく南城が「俺もだ。」と決意したことが発端で「真似するな!」「真似じゃねぇよ!」と、またも小学生レベルの喧嘩になってしまう。このことで南條が勝負を挑み、薫が受けて立つのだが、このとき、おでこと鼻がくっついてるレベルで顔が近い。そして、ちゃっかり薫が自分の得意分野である書道で勝負しようと言うので、南城が「勝手に決めるなロボキチ!お前修学旅行の時もそうだったろ!」と文句を言うと、すかさず薫が「あれは林間学校だ!ドアホ!」と訂正するなど、こちらとしては実に気になる情報が飛び交った。

第五話

 ランガが愛抱夢に勝つための作戦会議をみんなでするのだが、この時まるで自分の家のように「皆適当に座ってくれ。」と言い勝手に南城の店を使う薫。(このことから相当な頻度で南城の店に通っていることが伺える)
そして、ラブハックについて説明する薫は、相手役の南城に滑りながら手を広げ近づいていく。この時とても顔が近い。体も近い。(身長差も良い)
また、この技は近距離でしか出来ないのに対し、薫が「近い。」と理不尽なことを言い顔を歪めるので、これには南城も「お前なぁ…。」と呆れている。ちなみに相手役に南城を選んだのは薫である。

第六話

 ビーチで美女をナンパしていた南城を邪魔しにきた実也が、「パパ!早く戻らないと殺すって、ママが…」と言い指差した先に居たのは、色気たっぷりに寝る薫であった。
 そしてこの回は、薫が「虎次郎」と、ようやく南城を初めて名前で呼んだ回でもある。
 他にも、南城が薫の肩を抱いたり、二人の温泉シーンがあったりする。

第七話

 Sにて黄色い歓声を浴びながら登場する二人だったが、「痩せっポッチ」「単細胞」「ひょろ眼鏡」「脳筋ゴリラ」と罵りながら、ジョーの足首にボードをぶつけたり、仕返しにCherry blossomの足を引っ張って転ばせるなど、またも小学生レベルの喧嘩が始まってしまった。(ジョーから見てCherry blossomは細いと認識していることが分かる)
 そして、南城・薫・愛之介の学生時代の回想が入るのだが、そこには今より髪が短い南城と、ロン毛ハーフアップに口ピ(耳にも複数)をした薫が・・・・・・・・?

第八話

 夜に南條の店で密会をする二人だったが、勘で話をする南城に、薫が「聞いた俺が馬鹿だった…」と呆れたことが発端となり、またも喧嘩が始まってしまう。呆れられた事に対して南條が「お前が修学旅行で財布無くしたとき、俺の勘で探し当てただろ!」と弁明するも、薫に「その勘で入ったLAのレストランは大ハズレだったけどなァ?」と返されてしまう。そして負けじと南條が「パリのバーは良かっただろ!」と言い返すのだが、「あれは俺が調べたんだボケナス!」と言われてしまう。(つまり二人は一緒に海外へ…)

SK∞ エスケーエイト チルアウト!

trick4
 薫があまりにもAI(カーラ)に頼り過ぎな生活をしているので、南城が「ちょっとはAI離れしろ!」と本気で心配している。これに薫は「やかましい!俺とカーラは二人で一つなんだボケナス!」と反論。
また、ジェンガで喧嘩して最終的にビーフしていたという話をMIYAから聞いたシャドウが、「もうそれ仲良しだろ。」と真理を突いている。

雑誌

『PASH! 2021年1月号』

 ピンナップでは、甘いマスクでこちらに微笑むジョーと、その少し後ろでこちらを振り向き佇むCherry blossomのツーショットが拝める。

『アニメディア 2021年3月号』

 この雑誌では、桜を抱えて微笑む薫と、同じく向日葵を抱えて笑う南城が表紙を飾っている。一見仲睦まじく見えるのだが、薫の手を見てみると、血管が浮き出てしまっている。
〈シリーズ構成・脚本/大河内一楼 interview〉
 作っていく中で何か苦労されましたか?という質問に対して、「この二人に関しては、そんなに苦労しませんでしたね。性格もはっきりしていたし、基本ふたりセットなので会話に困ることもなかったし。」と答えている。
 また、彼らの喧嘩を低レベルの言い合いにした理由は?という質問に対して、「喧嘩するときは昔に戻っているんだと思います。そういう意味ではふたりとも油断してるんじゃないかな。他の人とはあんな喧嘩しないでしょうから。それに致命傷な悪口は言わないと思うんです。甘噛みの喧嘩というか……。なんだかんだ言いながら、Cherry blossomはジョーの店の常連ですしね。」という、非常に情報量の多い記述がある。
〈Pが語るCherry blossomの㊙トーク〉
 こちらには「基本的にジョーとセットで作っていったんですが、Cherry blossomとジョーで磁石のSとNになっているんですよ!正反対だけど引かれ合う、喧嘩しているけれど腐れ縁でずっと一緒にいるみたいな。」「幼稚園も一緒」「小さいころは仲が良かった……なんてことはなく、ずっとあんな感じ」と記述されており、必見の情報が盛り沢山である。

関連タグ

エ腐ケー8 ケンカップル

関連記事

親記事

エ腐ケー8 えふけーえいと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョーチェリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1074246

コメント