ピクシブ百科事典

ジークハルト・ミュラー

じーくはるとみゅらー

ジークハルト・ミュラーとは、アニメ『終末のイゼッタ』の登場人物。エイルシュタット公国大公補佐官の1人。
目次[非表示]

概要




「あらゆる手段を以て作り上げるのです。現代に蘇った──────────“白き魔女の神話”を」



CV:高橋広樹

エイルシュタット公国における大公補佐官の1人(後に主席補佐官)。
古来より先祖代々にして大公家に仕えてきた家系に出自をもつ人物である。
冷静沈着にして周到さ用心深さをそなえる炯眼の持ち主で、作中ではベルクマンと並ぶ知将として暗躍する。

その思考は常に“故国を護り存続させる”事にあり、公国と大公家を護る為ならば如何な手段であろうとも、冷酷且つ非情な選択を取る事も厭わない。

ゲルマニア帝国との戦争を優位に動かすため、魔女の喧伝をフィーネに提案した。
魔女イゼッタの極秘情報を露見させない為に、会話を聞いてしまったヨナスを銃殺したりゲイルのスパイであるローレンツへの警戒として近衛を旧王城へ出向させたりと、合理的であるが故に悲劇の引き金となっている。

イゼッタの力を用いた対ゲルマニア帝国戦の作戦立案も、彼によるところが大きい。

作中では多くの場合「ジーク」と通称で呼ばれているが、第5話にてシュナイダー将軍によりフルネームが明かされた。貴族である為、「ミュラー卿」と呼ばれる事もある。


関連タグ

終末のイゼッタ 
イゼッタ フィーネ(終末のイゼッタ) エルヴィラ・フリードマン
アルノルト・ベルクマン

ネタばれ注意!

































彼の出身であるミュラー家は、白き魔女の伝説である『ヴァイス・エクセ』の“真実”に深く関わっており、当時のことを綴った手記が先祖とメルダース家によって辛うじて残されていた。
王妃の命により魔女を裏切った事実と白き魔女の力、魔石についてなど、ジークは魔女に関する知識と魔石の片割れを手にする事となる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジークハルト・ミュラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179658

コメント