ピクシブ百科事典

スクーグズヌフラ

すくーぐずぬふら

「スクーグズヌフラ」とは、ロシアに伝わる樹木の悪魔で『森の女』を意味する。この記事では『とある魔術の禁書目録』に登場する、同名のキャラクターも併せて記載する。
目次[非表示]

概要

ロシアに伝わる樹木の悪魔とされ、『スクーグスロー』とも発音される場合もある(但し、その性質は真逆であり、似た響きから混同されている可能性がある。スクークスローの記事を参照)。
平時はフクロウの姿を採るが、ターゲットを見付けると見目麗しい女性に化ける(だが、背中に窪みがある、臀部にの尾が生えている等、注意深く見れば人間にはない外見特徴がある)。
そして、男性を甘い声を誘い、それに応じた相手と性行為に至るが、そうなったら最後、男性にはしかないと言う。
何故なら、スクーグズヌフラと関係を結んだ男性は以降、スクーグズヌフラから離れると痩せ衰え、一定以上まで離れると死ぬからだ。
それ故に、男性は死ぬ寸前までスクーグズヌフラと行為に及び、死ぬ事で解放されると伝わる。

尚、上記の伝承からスクーグズヌフラは腹上死の妖精』とも言われ、かつては死因の1つとして本当に数えられていた。

関連タグ

淫魔 妖樹


概要(とある魔術)

ロシア成教殲滅白書」に所属するシスター
上記の悪魔が称号の由来だからか、ありとあらゆる性魔術のエキスパートで、レースとレザーで構成された、セックスアピール最優先の拘束服を着用する妖艶な女性である。

関連タグ(とある魔術)

とある魔術の禁書目録 ロシア成教 殲滅白書 拘束服 シスター 性魔術

関連記事

親記事

淫魔 いんま

コメント