ピクシブ百科事典

妖樹

ようじゅまたはあやかしのき

樹木が化けた魔物や、人々を翻弄する不思議な力を持つ妖しい植物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 様々な要因で樹木が化けて生まれる魔物。妖しい植物。
  2. Sa・Ga』シリーズに登場する、植物系モンスターの一種。※メイン画像後方
  3. 女神転生』シリーズに登場する、人に破滅をもたらす植物の魔物が所属するN-D属性の悪魔。※この項で解説
  4. 夢枕獏作の古代インドを舞台とした伝奇小説。

女神転生シリーズの妖樹

初出は『真・女神転生Ⅱ』で、森の暗闇の恐怖から生まれた邪悪な力を持つ樹木の精霊や、人に害を成す植物の魔物が所属する。
龍系の悪魔に分類されるらしく、『ソウルハッカーズ』では”造魔”と合体させ続けると竜型に変異する。

妖樹一覧

  • オードリー
オードリーⅡ


悪魔が憑りついてつぼみが口になった食人植物。元ネタはコメディ映画『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』のオードリーⅡ。

  • ふくちゅうか
真・女神転生if…』にて飽食界を支配する”邪神”オーカスの体内に巣食う寄生植物。上記のオードリーの色変えである。

センシティブな作品


別名マンドラゴラとも呼ばれる魔法薬の原料である毒草の幻獣。
初期デザインは叫び声をあげる恐ろしい姿だったが、『デビルサマナー』以降は女性的な根の姿に変更された。

不吉の予兆


古戦場の樹木が血を吸い化けたという吸血樹。作中は氷結属性の役割を振られている。

  • サンショウ
初出は『ソウルハッカーズ』。中国の伝承で山に住むという樹木の精で「山魈」と書く。背が高く怪力で人に害を成す。姿は中華風の靴を履いた瓜頭という解釈である。

スクーグスロー


スウェーデンの伝承にある、愛を代償に旅人や狩人のたき火の番をしてくれるという美女の姿の森の精。しかし背中が樹木のうろという異形であるため、気付いた男は逃げてしまうという。

  • ザックーム

はらわた煮えくり返る味


イスラム教地獄ジャハンナムに生えるという人面果のなる怪奇植物。罪人はこの果実をたらふく食わされて熱湯を呑まされる。

センシティブな作品センシティブな作品


処刑された者の体液がこぼれた場所に咲くという赤い花の精。美女の姿で現れ男の精気を吸うという。初期作品ではエルフサキュバスの色違いで”幻魔”だった。登場機種により全裸で茨に包まれたものと下半身が黒薔薇の2種類がいる。

  • アールキング
『ソウルハッカーズ』から登場したドイツシュバルツシルト(黒い森)に生えるハンノキの王。森に迷い込んだものを破滅に導くという。
初出は『真・女神転生Ⅱ』で樹木と竜が混ざったような姿。
元々は北欧神話世界樹で邪悪ではないが、原作小説の続編『新デジタル・デビル・ストーリー』では、人類社会を裏で支配する魔王たちによって株分けされたものが街路樹として植えられ、人間の生体マグネタイトを吸収することで集めていた。

妖樹と少女


心理学者フロイトが提唱した原始的自我。本能と同一視され人間の暗部とされる。
作中は単眼のあるハートの周りに蔓が広がる姿である。

  • オムパロス
『ソウルハッカーズ』のパラダイムX内にある「VRパーク」のシンボルツリーで、ギリシャ語へそ中心という意味がある。
姿はマネキン人形が絡まったような異形で、人間のマイナス感情を吸収して悪魔化してしまった。
  • ダークウィロー
闇の柳。PCで発売された『偽典・女神転生』に登場する妖樹。

関連タグ

女神転生 仲魔 神樹

関連タグ

樹木  植物 食人植物 植物系女子 モンスター娘 
妖花族 植物妖 植物怪獣 木属性 精霊 エロ大根
木霊 ドリアード エント トレント マンイーター アルルーナ
樹魔 妖怪樹 吸血木 吸血樹 万年竹

関連記事

親記事

モンスター もんすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284

コメント