ピクシブ百科事典

セーラの母(クロスアンジュ)

せーらのはは

セーラの母とは、『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の登場人物。

CV:内山夕実

概要

ノーマであるセーラの母親。
まだ赤ん坊であるセーラを取り上げようとする警察官や検疫官に抵抗するが、偶然通りかかったアンジュリーゼにセーラを化け物呼ばわりされ「また産めばいい」と笑顔で冷酷な言葉を言われた。これに激怒して彼女を襲うも制止され、セーラを取り上げられてしまう。

その後、セーラを取り上げられたショックから部屋は荒れていたが、アンジュリーゼが洗礼の儀でジュリオによってノーマであると暴露される生放送を見ていた。
その際には狂ったように「ざまあみろ」と呟きながら笑っていた。

第1話の1回だけの登場であったが、マナ社会に潜む歪んだ一面を垣間見せる代表例として描かれている。

関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞 アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ
ヒルダの母(クロスアンジュ) - かつて彼女もノーマであるを取り上げられたが…。

pixivに投稿された作品 pixivで「セーラの母(クロスアンジュ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 338

コメント