ピクシブ百科事典

ソフィア・斑鳩・ミスルギ

そふぃあいかるがみするぎ

アニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の登場人物。

CV:林原めぐみ

人物

ミスルギ皇国皇后で、ジュリオアンジュリーゼシルヴィア三兄妹の母親

嫋やかだが芯の強い女性で、アンジュリーゼに皇家の守り唄“永遠語り”を伝える。
娘のアンジュリーゼがノーマである事を知っていたが、それでも彼女を気遣い愛情をもって接するなど、家族への愛が深い。
また、アンジュリーゼの洗礼の儀の前日、彼女に物語の鍵を握る斑鳩皇家の指輪を託した。

その洗礼の儀の日、息子のジュリオによりアンジュリーゼがノーマだと暴露され彼女を連れて逃げるも、兵士の放った銃弾からアンジュリーゼを庇い死亡する。
死の間際に彼女へ「何があっても生きるのです」と言い残し、それが後々の過酷な運命を辿るアンジュリーゼの生きる原動力にもなった。

第1話で退場してしまったものの、斑鳩皇家の指輪や「永遠語り」と言う歌が物語の隠された謎に深く関わる重要な鍵を握っていた。少なくとも娘に指輪を託していなければいろいろと詰んでいた

関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞
ミスルギ皇国 ジュライ・飛鳥・ミスルギ アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ シルヴィア・斑鳩・ミスルギ ジュリオ・飛鳥・ミスルギ

コメント