ピクシブ百科事典

シルヴィア・斑鳩・ミスルギ

しるゔぃあいかるがいするぎ

アニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の登場人物。
目次[非表示]

CV:東山奈央

概要

ミスルギ皇国の第二皇女。12歳。主人公・アンジュリーゼ
常に電動車椅子に乗っているが、落馬の時の怪我によって歩けなくなったことによるものである。アンジュリーゼはその時に助けてやれなかった事を気に病んでいる。
明るく優しい性格で、気高く美しい姉を慕っていたが、兄・ジュリオの告発でアンジュリーゼがノーマだと発覚した際には余りのショックで気を失う。

ミスルギ皇国滅亡後は消息不明だったが、後にノーマであったアンジュを最後まで慕い、庇護のために動くモモカの支援に回るなどの動きを見せていた。
その際何者かにその身柄を拘束され、皇国の秘密回線を使いアンジュに助けを求めるのだが…。

クロスアンジュ9話



ネタバレ

ここから先は本編に関するネタバレになりますので、ご注意ください。













実は全て、ジュリオと共謀して行った茶番劇である。まさに裏切りの本性というやつである。
ノーマであるアンジュが母・ソフィアを死なせたこと、家族が離散同然の不幸に追いやられたことの他に加え、アンジュのせいで自分が歩行不能な体になった事を憎むことになった。
両足の歩行が出来なくなってもアンジュリーゼを慕い続けていた気持ちは、彼女がノーマだと発覚した事で、一転して彼女に対する憎悪に変わってしまったことになる。

アンジュを慕うモモカを上手く利用して、皇国の秘密回線を使いアンジュがミスルギ皇国に戻ってくるよう仕向けている。
しかも、「身柄を拘束され、助けを求めるように芝居を行う」というオマケ付き。
王宮へのおびき出しに成功したアンジュをナイフで切りつけ、上述の憤懣をぶつけ「化け物」と罵声を浴びせた。

第10話ではモモカの訴えも耳に入らず、ただひたすらにアンジュへの鞭打ちに没頭。彼女が絞殺される寸前になっても平然としていた為、アンジュが脱走した際にミスルギ皇国やジュリオ同様「ありがとうシルヴィア、薄汚い人間の本性を見せてくれて」「さようなら!腐った国の家畜ども!」との強烈な別れを姉から告げられてる。


アンジュの報復を恐れて不安から兄の下に向かった際にリィザ・ランドッグの本性の一部を見てしまい、鞭なのか尻尾なのかわからないモノに首を絞められ、引き摺り込まれてしまう。
その際、図々しくもアンジュに助けを求めるような悲鳴を上げている。ノーマである姉が母を死なせた事や一族が離散同然の不幸に追いやられ、自分が歩行不能な体になったのはアンジュのせいだと鞭を振るい罵倒するなど、ノーマであるアンジュへの憎しみを叩き付ける彼女であったが、アンジュを裏切ったという罪の意識に怯えたり、上記のようにリィザに囚われる時決別した姉の名前を叫ぶなど、少なからずアンジュに対する想いが今だ残っていた事が窺えた。

しかしその後、リィザに毒を盛られて眠らされた所をエンブリヲに救われた結果、サリア達と同様、彼に依存しきった状態となってしまう。エンブリヲを「おじさま」と呼んで慕っており彼によって自由を奪われたリィザを「トカゲ女」と呼んで憂さ晴らし同然に鞭打ちしたり、再会したアンジュを見るや悲鳴を上げ、父と母と兄を殺して最後に自分を殺しに来たのかと一方的に言いがかりを付けて彼女を「殺人鬼」呼ばわりする等、ジュリオの元にいた時以上に性格面が歪んでしまっており、我侭さもより拍車が掛かってしまった。

物語終盤、時空融合によりマナが使用できなくなったため電動車椅子が使えなくなり転倒、その場から動けなくなってしまう。そしてシェルターなどを求めて皇宮へ来た国民から救済措置を取らなかったことを非難される。そこへ偶然にもサリアとの戦闘で突っ込んだアンジュと再会する。国民はアンジュにも皇室の使命として自分たちを助けることを要求するが、アンジュは拒否(国民に処刑されそうになったのだから当然だが)、国民の一人が銃を向けたためにアンジュに銃殺されその様子を見たシルヴィアは漏らしてしまう。
その後、アンジュの口から宮廷医師は足の怪我は完治していると言っていたこと、立てないのは周囲の人々に甘えて立とうとしなかっただけであることを告げられる。それでもアンジュに甘えようとしたが威嚇射撃で脅され、それがきっかけで立てるようになる。アンジュから別れを告げられ、アンジュが未だに自身を想っていてくれたことを知り涙する。
最終回では時空融合によって崩壊したマナ世界で自ら銃を手に取り逞しく生きる姿が描かれた。
コマンドーシルヴィア

余談

シルヴィア役の東山奈央氏は、同作品にてアルゼナルの新米オペレーターのオリビエ一人二役で演じている。


関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞
ミスルギ皇国 ジュライ・飛鳥・ミスルギ ソフィア・斑鳩・ミスルギ ジュリオ・飛鳥・ミスルギ アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ モモカ・荻野目
光落ち
シルヴィア・ド・アリシア・・・『創聖のアクエリオン』より。名前、皇族(こちらは正確には王族)つながり。また、兄と死別するという共通点もある。
ナナリー・ランペルージ・・・『コードギアス反逆のルルーシュ』より。主人公の妹、車椅子、皇族つながり。ちなみにこちらも兄と死別している。

pixivに投稿された作品 pixivで「シルヴィア・斑鳩・ミスルギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35963

コメント