ピクシブ百科事典

サリア(クロスアンジュ)

さりあ

サリアとは、「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:喜多村英梨

概要

本名はサリア・テレシコワ。第一中隊の突撃兵兼副隊長。ゾーラの亡き後、隊長に昇格した。年齢は17歳(11話)。
真面目で勤勉な性格で、戦闘でも高い能力を発揮する優秀な兵士。またアンジュの世話役も任せられているが、皇女時代の気性と生活態度が抜けきらない彼女に呆れて、ナイフを突きつけて服従させるなど、この手の輩の扱いにも慣れている様子。

優等生にありがちな教科書通りの行動しか取れないタイプで、第3話では隊長としての初出動とはいえ、不慮の事態に遭遇した際はパニックに陥り正常な判断が出来なくなるなど、指揮官としてはまだまだ未熟である。その結果、隊を危機に晒すことになり、自らもドラゴンに捕まり絶体絶命のピンチに陥るが、アンジュの活躍(?)でどうにか切り抜けた。
しかし第一中隊はアンジュやヒルダなどメンバー全員が曲者ぞろいで、そんな連中をまとめ上げなければならない優等生肌の彼女の苦労は並大抵のものではない。7話はサリアのストレスが溜まっている事に関連した話である公式(外部リンク,#7を参照)。
それでも、少しずつではあるが隊長らしさが備わりつつあり、第7話では遅れてやってきたアンジュに的確な指示を出して隊の全滅を未然に防いだ。

そんな彼女も年頃の娘であり、悩みもあれば、いわゆる「人に言えない趣味」も多く持っている。
その一つとしてヴィヴィアンが言うところの「男と女がちゅっちゅする本」を愛読しており、恋愛小説かポルノかは不明だが、こっそり盗み見たヴィヴィアンに殺気全開でナイフを投げつける程、見られたくない内容のものだったらしい(漫画版では恋愛小説、趣味が極まって自作までしている)。
また、ストレスが溜まると「精神的メンテナンス」と称して魔法少女コスプレ(しかも付けた名前が美少女聖騎士プリティ☆サリアンと中々に痛々しい)をして憂さ晴らしをしていたが、ポーズを決めて悦に入っていたところをアンジュに見られて弱みを握られることになり、本気で殺しに掛かっている。
露出度の高いパイロットスーツの関係でアニメ内では分かりにくいが、エルシャやアンジュに比べると、かなり体の一部がスリムなのも悩みの一つ。

ジルの側近であり、「リベルタス」についての密談にも参加している。その「リベルタス」の鍵となるヴィルキスに執着しており、ヴィルキスがアンジュに与えられた時は「私が乗るはずだったのに」と嫉妬するなど、作中でも度々衝突することとなる。(もっとも、ヴィルキスの操縦適正はなく、これはジルからもはっきりと宣告されている)

アルゼナル襲撃後(ネタバレ)









アルゼナル襲撃後、エンブリヲに懐柔されたサリアは、ラグナメイルの一機である「クレオパトラ」と指輪を与えられ、エンブリヲの陣営につき、第17話でクリスエルシャらと共にラグナメイルに乗って現れる。
メンバーの中でサリアはナイトリーダーと呼ばれ、彼女たちのリーダー役でエンブリヲに心酔している。また、かつての仲間であったアンジュやヴィヴィアンの事も平然と見下したり攻撃する等、冷酷さを見せるようになっている。
その反面、自身の部隊を「ダイヤモンドローズ騎士団」、フォーメーションの名前も「シャイニングローズ・トライアングル」と名付ける等、中二病度及びイタさ全開の状態でもあり、おまけにラグナメイル同士の戦いは多少有利(数の有利とチームプレイでしっかりと追い込んではいるのだが、さも自分の実力や功績と言わんばかりの口ぶりなのはお察しの残念さである)でも、生身の戦いではアンジュにまるで勝てない等、以前よりもむしろポンコツ化してしまっているのではないかと思わせる部分もかなりあり、上述のイタさ全開の名称もクリスにダサい呼ばわりされているのも含め、隊長格としての威厳も微妙な物になっていた。

関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞 アーキバス 
美少女聖騎士プリティ☆サリアン 貧乳 
闇堕ち 裏切り ちょろイン ぽんこつ ダークサリアン
エルシャ クリス ターニャ イルマ:エンブリヲ陣営での部下。彼女たちからはナイトリーダーと呼ばれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「サリア(クロスアンジュ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 417222

コメント