ピクシブ百科事典

アンジュ(クロスアンジュ)

あんじゅ

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の主人公。皇女としての本名を剥奪され、一兵士とされた際に与えられた名前である。なお、アンジュ(Ange)とはフランス語で『天使』を意味する。
目次[非表示]

CV:水樹奈々

人物

本作の主人公。対ドラゴン戦闘機関「アルゼナル」の女兵士。 16歳。本名はアンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ
主な搭乗機体はグレイヴヴィルキス

かつてはミスルギ皇国の第一皇女「アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ」であったが、兄のジュリオによってノーマであることが暴露され、皇女の身分や地位、本名すらも取り上げられ、全てを失い、「アンジュ」という名の一兵士へと身を堕とされた。
収容施設でもある「アルゼナル」に送られた後、パラメイル第一中隊の一員となり、人型機動兵器「ヴィルキス」のメイルライダーとして異次元から来る巨大攻性生物「ドラゴン」との戦いに身を投じている。
送られてからすぐにメイルライダーとして駆り出されることとなったが、かつて自身が学んだラクロスのような競技、「エアリア」と同じ感覚と直感により、パラメイルの操縦適正を含めた訓練の成績が良かったためである。

皇女として育てられたためプライドが高く頑固。その為、アルゼナルで暮らし始めてからも「自分は皇女でノーマではない」と現実を認めようとせず、基地内でも頑なに皇女として振舞い続け、世間知らずなのも災いして他のメンバーと衝突する事が多い。
「身から出た錆」と言ってしまえばそれまでなのだが、両親達からマナが扱えると偽り続けられ、更にはノーマを否定する思想に染められてしまった等、彼女の出生や境遇がある意味不幸過ぎたのも確かである。
3話終盤以降に長髪を切り落として「アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ」だったかつての自分自身と決別してノーマである自覚をもった後は大きく変わったのだが、性格や口調はワイルドで悪い意味で攻撃的になった。ちなみに性格自体は10話で「男勝り」とモモカが言ったように、もとからこれだったようである。

この傍若無人さにより、ヒルダロザリークリス以外にもアンジュを毛嫌いする者は多いが、持ち前の頑固さで大抵のことは返り討ちにしている。

戦闘スタイルもこれに準じており、チームプレイは皆無。さらには手柄を全て攫って行ってしまうため(腕の差もあるが、3回目の出撃ではロザリーやクリスが十数万~数万キャッシュ程度に対し、アンジュは550万キャッシュも得ている)、報酬のほとんどを独り占めする形となって他の隊員との格差が広がり、ますます周囲との摩擦を産むこともなった。

作中では第一中隊のメンバーやタスクとの出会いなどの様々な出来事を経て、アンジュは自分を自分として扱ってくれるのは誰か、そして自分が何の為に戦い続けるのかを理解していくようになり、成長していく。

軌跡

8話~12話
モモカから妹のシルヴィアの危機を知り、同じく脱走を図るヒルダや旧友のミスティの協力でアルゼナルを脱出するが、それは彼女を処刑する事で政治的基盤の強化を図ろうと目論むジュリオとシルヴィアの罠であった。
処刑寸前、タスクに助けられ、ノーマである理由で平然と差別と迫害をする家族や国と決別。アルゼナル帰還後、反省房で同室となった同じ状況のヒルダと互いの結末を語り合い、「自分たちノーマを拒絶する世界を壊したい」と決意、ヒルダと和解するのであった。
その後、アルゼナル上空にドラゴン率いる謎の女性、サラの攻撃によりアルゼナルは壊滅的打撃を受ける。戦いの最中、永遠語りの歌の秘密と去り際に言ったサラの「真実はアウラと共に」と言う謎の言葉、そしてジルが語る自身の過去と世界の成り立ち、ドラゴンの正体が人間である事を知るのであった。

13話~16話
ジュリオ率いるミスルギ皇国軍によりアルゼナルが襲撃される。
アンジュは皆を守るため、サリアの静止を振り切り、ヴィルキスの新たな力の覚醒により、ミスルギ皇国軍を壊滅状態に追い込み、ジュリオを追い詰める。しかし、謎の男エンブリヲによりジュリオは粛清され、さらにエンブリヲがアンジュを助けに来たタスクを攻撃しようとした為、ヴィルキスの新たな力により、タスクとヴィヴィアンと共に別次元の世界へ転移した。
そこで目覚めたのはドラゴンが住む旧地球で、かつてドラゴンを率いり、アルゼナルを襲撃した謎の女、サラと再会する。彼女から500年以上前に起きた「終末戦争」と呼ばれる大規模戦争により文明は滅亡し、遺伝子操作による新たな人類「ドラゴン」の誕生、ドラゴンの始祖アウラを利用してマナ世界を構築した黒幕エンブリヲの存在を明かされ、ドラゴンの歴史と生態を知り理解した事で、「もうドラゴンとは戦わない」ことを決意したアンジュはサラ達ドラゴンと和解した。

17話~18話
アウラ奪還の為、ドラゴン軍の総力を結集し、ミスルギ皇国への大侵攻作戦を開始したサラ達に同行する形で元の世界へ帰還。その途中、エンブリヲに寝返ったサリア率いるラグナメイル部隊「ダイヤモンドローズ騎士団」の襲撃を受けるも、辛くも脱出し、廃墟と化したアルゼナルでヒルダ達と再会し、アルゼナルの残存メンバーが集う潜水艇アウローラでジルらと合流する。
並行世界での出来事をアルゼナルの面々へ伝え、同盟を進言するが、エンブリヲへの復讐心に取り憑かれ、リベルタスに固執するジルはドラゴンとの同盟を否定し、モモカを人質に命令を実行させようとする。
手段を選ばないジルのやり方に怒りを覚えたアンジュは、タスクの助けでアウローラから脱走を図る。かつてはジルに手も足も出なかったが、これまでの戦いや仲間達の出会いで成長したアンジュは格納庫での一騎打ちでジルを制した。

19話~
ジルのやり方でリベルタスはできないと知り、自らの手で変革を成すことを決意したアンジュはアウローラを後にするが、サリア達の襲撃を受け、モモカと共にミスルギ皇国へ連れ去られてしまう。そこで、エンブリヲに求愛されそうになるが、モモカやタスクの犠牲で何とか脱する。
かつて始めてタスクと出会った無人島に辿り着き、二人を失った悲しみを包まれながら過ごしていたが、生存したタスクとモモカと再会する。アウローラへ帰還し、ジルから指揮権を引き継いだヒルダやサラ達とと共に反攻作戦「ラストリベルタス」を発動。ヒルダから指揮権を託され、アウラ奪還及び時空融合の阻止すばく、エンブリヲとの最後の戦いを挑む。

余談

アニメの次回予告は主に彼女が行うのだが、本編での自身の扱いに対しての愚痴が流れる。(いわゆる楽屋オチ)
監督disなどのメタ発言の混じったギャグが連発され、過酷な本編に対しての息抜きというか唯一の救いになっている。
ただし、そのせいで映像以外は全く予告になっていない。16話の次回予告にて、これを突っ込むというメタ発言も忘れない。
次回予告が予告として機能してないのは今期のアニメでは割とよくあることなのでツッコミを入れる方がヤボなのかも知れない。

18禁作品でもないのに下の毛の色を指摘されれば、愚痴の一つも言いたくなりますよね。おまえのようなヒロインが・・・いや、公式が病気か。

関連イラスト

『禁断のレジスタンス』本日発売!
はんてんアンジュ


ange
クロスアンジュ



関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞 アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ 痛姫
アンヒル アンモモ
超電磁マシーンボルテスV
・・・角の有無によって身分差別が行われる星で、皇族に生まれながら角が無い人物が物語のキーパーソンという共通項。なお、4話のジャスミンモールではボルテスVの必殺武器・天空剣が売られていた。プロデューサーによるお遊びとの事。
クロッペン(ネタバレあり)
・・・「クローンへの差別が行われる伝統国の皇族」として育ったが、自身もクローンであることが暴露され母国から弾かれたという共通項。
ルルーシュ・ランペルージ
全てを失った皇族。肉親と敵対する。車イスに乗った妹を持つなど多くの共通項を持つ。
マリー・アンジュ
「アンジュ」にちなんだ愛称で呼ばれ、「ドラゴン」がつく名称の槍で戦う。

pixivに投稿された作品 pixivで「アンジュ(クロスアンジュ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 862903

コメント