ピクシブ百科事典

アンヒル

あんひる

アンヒルとは、『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』のカップリングの一つ。
目次[非表示]

概要

アニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」のキャラクター、アンジュヒルダのカップリング。いわゆる「主人公(ヒロイン)×サブヒロイン」の組み合わせ。

元々、ゾーラから寵愛を受けたヒルダは元皇女であったアンジュのことをよく思っておらず、痛姫と呼んで軽侮するなど、二人の関係は当初は険悪であった。
アンジュの身勝手な行動でゾーラを含め、ライダー数人が犠牲になってからは、より明確な敵意を抱く事になり、様々な手段を持ってアンジュを排除しようと画策したりしたが、ある出来事を機に、一時的に行動を共にする事になり、長らく本心から誰にも心を開けなかったヒルダにとって、次第にアンジュとは互いを気に掛け合う存在になり、アンジュが「自分たちノーマを拒絶する世界を壊したい」という決意に共感、和解に至った。

本編

本編開始時点では、ヒルダは新たに配属されてきたアンジュが気に入らず。
その挙動から面白半分で「痛姫(いたひめ)」と呼んで軽侮していた。

対立

ドラゴンとの戦いでアンジュの身勝手な行動で、同じ新兵のココミランダが戦死、さらにゾーラがドラゴンに追われる恐怖で錯乱したアンジュにしがみつかれて巻き添えになり、最後に残った大型ドラゴンの攻撃を避けきれず戦死してしまう。

アンジュがゾーラ達への謝罪の言葉も口にせず、戦闘中ヒルダ機を突き飛ばしてまでドラゴン撃墜を横取りするような傍若無人さに憎悪と殺意を芽吹き、さらに次第に頭角を現していくアンジュを目障りに思い、ヴィルキスのエンジンに異物(ランジェリー)を詰め込んで戦闘中にエンストするよう細工し、墜落させたり、アンジュを追ってきた侍女のモモカがアルゼナルから送還される道中で始末されるであろう事を、アンジュに聞こえるように大声で話して動揺させたりするなど、幾度もアンジュを陥れる策略を画策した。
しかし、その目論見は悉く失敗し、さらに第7話では、戦闘で命を救われたロザリークリスがアンジュへの態度を軟化させてしまった為、隊の中で孤立してしまう。

協力

互いに対立するアンジュとヒルダであったが、そんな二人に自身の運命を大きく変える転機が訪れた。
それは年に一度あるアルゼナルの公休日「マーメイドフェスタ」であった。

アンジュは、モモカを介して妹のシルヴィアの危機を知り、助けに行く為にアルゼナルを脱走する事を決意する。
一方、ヒルダは母親のいる生まれ故郷に帰るために、厳しい兵士生活に耐えながら脱走計画を練り、機会を伺っていた。
フェスタの際にモモカを人質にとって計画を実行に移そうとするヒルダであったが、シルヴィアを助けようと同じく脱走を企てていたアンジュと遭遇、共に輸送機を強奪に成功するが、最初は過去の行いからアンジュに置き去りにされ、見捨てられそうになったが、「ママの元へ帰る」という本心を叫んだ事で、かつての自分と同じ想いから脱走しようとしていた事を知ったアンジュに助けられ、アルゼナルからの脱走に成功する。

これが切っ掛けで、ヒルダとアンジュの関係が軟化し、仄かな友情が芽生え、サイドカーを手に入れて故郷へ戻ろうとしたヒルダは、アンジュ達に命を大事にするよう告げ、共に故郷を目指した。

和解

その後、故郷を目指したアンジュとヒルダは双方の身を案じながら最愛の家族と再会するのだが、
ヒルダは過去と決別し、自分への愛情を捨てて後に生まれた自身の名前を持つと新たな家庭を築いた母親から涙ながらに拒絶された挙句「あんたなんか生まれてこなければ良かった」と罵声を掛けられて追い返される。結果、母親に通報されて検疫官に捕まり、袋叩きにされる。更にアンジュの方は、妹姫シルヴィアのSOSはジュリオの仕掛けた罠であり、処刑されかけるという悲惨な結末であった。
アルゼナルに戻った二人に待っていたのは、財産没収と一週間の反省房での謹慎という重い刑罰であった。
再会したアンジュとヒルダは、自分たちを受け入れない世界を壊そうと意気投合して仲間になる。
アンヒル誕生の瞬間であった。

以来、大量のドラゴンの襲撃を受けるアルゼナルや第一小隊を救うため、ヒルダがアンジュを乗せて、ヴィルキスへ運ばせるなど、協力を見せた。

まさかの公式

そして、23話にてそれは起こった・・・
帰還後、サラ達と共に闘う決意を表明したのち、エンブリヲを倒す方法を聞く為にジルと面会し、自我喪失していた彼女に平手打ちをかましながら「最後まで責任を持て‼︎」と叱責。その姿を見て「やっぱ違うんだな。司令官はあんたがやるべきだよ」と半投げやりな事を言うヒルダ。
それを見たアンジュは「言いたい事があるなら言いなさい」と頬をつねるのだが、その後のヒルダの台詞が「あんたは私の王子様なんだ・・・・でもあんたにはもいて・・・・変だよな、世界が終わろうって時に」と、自分の中の思いを吐露した。
仮にも同性を王子様呼ばわりしただけでも衝撃なのにその上告白とは・・・・・・
さらにアンジュは返事をまさかのキスで返した上に「新しい世界には、あなたもいてくれないと困るわ」と意味深な発言をかました。

中の人関連

現在、TV第4期を準備中の某メディアミックス作品群において、中の人二人の役どころは、よりによって「歴代魔法少女作品の中でもトップクラスの実力者コンビ」であった。
劇中でのアンジュとヒルダの境遇からすると皮肉以外の何物でもない・・・。
本編中の描写から汚いなのフェイ、(特に12話の内容から)臭いなのフェイと呼ばれることも。

関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞 アンジュ
ヒルダ 友情 百合
なのフェイ テンヒナ つぼルー ゆかなな

pixivに投稿された作品 pixivで「アンヒル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 339749

コメント