ピクシブ百科事典

サラ(クロスアンジュ)

さら

サラとは、「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:堀江由衣

概要

ドラゴンと共に現われ、謎のパラメイル焔龍號」に乗る黒髪の乙女。
正式名はサラマンディーネ

くノ一巫女を彷彿とさせる民族衣装を着ており、異世界の人間であり、高貴な立場を有している事が窺える。
メイルライダーとしての腕前はサリア達を圧倒するほどで、ドラゴンと行動する事から何らかの関係をもつ。
戦いに際して歌を唄っており、その歌に焔龍號の機体が金色に変える変化を見せ、さらに両肩部が展開し、超出力の光学兵器を射出を可能にするなど、焔龍號の秘められた力を解放する力を持つ。

彼女の登場で、アルゼナルは絶望的窮地に陥られ、物語は急展開になる事になる。

11話で、ドラゴンの大軍や二機のパラメイルを率いてアルゼナル上空に姿を現し、自らの歌で焔龍號の真の力を発揮し、巨大なビームを放ち、迎撃に向かってきたパラメイル部隊を全滅させ、アルゼナルの大部分を消し飛ばすなど、壊滅状態にまで追い込むが、戦場で復帰したアンジュと交戦、さらに自身の歌を聞いたアンジュが、「永遠語り」を歌い、ヴィルキスの秘められた力を解放し、互いのビームを打ち合い、相打ちした。
そして、その歌を歌ったアンジュに興味を示し、自ら機体から姿を晒し、アンジュと対話、互いに時空を超えたような絆を幻視させた後、時が満ちると言い、『真実はアウラとともに』と意味深な言葉を残し、ドラゴンや二機のパラメイルと共に撤退した。

サラがアンジュ達人間を『偽りの民』やアンジュが歌う「永遠語り」を『誠なる星歌』と言うなど、彼女の登場で、物語に深く関わる隠された謎が徐々に明かされるのであった。

ネタバレに含まれるので、詳しい詳細はこちらに。

余談

11話で登場した後、その後の次回予告で「自分は重要キャラなのに来週の出番はない」と愚痴をこぼしており、彼女も例外なく次回予告でのメタ発言をするキャラであった。

関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞 焔龍號
GEAR戦士電童
新世紀GPXサイバーフォーミュラ
サラとアンジュが引き込まれた謎空間でふたりが見た前世?の中にサイバーフォーミュラのブリード加賀のコスチュームを着たサラと電童のアルテアのコスチュームを来たサラとベガのコスチュームを来たアンジュが居た。2作品とも福田己津央監督作品である。

関連イラスト

サラマンディーネ

pixivに投稿された作品 pixivで「サラ(クロスアンジュ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125006

コメント