ピクシブ百科事典

サラマンディーネ

さらまんでぃーね

サラマンディーネとは、「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の登場人物であるサラの本名。

CV:堀江由衣

この記事は本編中盤から多大なネタバレを含みますので、未試聴の方は注意。
























概要

正体はもう一つの地球を治めるドラゴンの近衛中将を務める巫女姫で、アウラの末裔にしてフレイヤの一族の姫。
聡明で責任感が強い性格で、多くの民から慕われているなど人望が高い。常に民の事を考える心優しい性格の持ち主で、エンブリヲの攻撃により民を見捨てなければならない状況に苦難する。

その一方で、アンジュとテニス野球ゴルフF1レース、はたまたはクレーンゲームツイスターゲームで勝負して無邪気な反応を見せる等、心を許した者の前では意外に子供っぽい面を見せる事も多い。また、スポーツジムなどの事を「古代の闘技場」と勘違いしたり、アンジュとタスクが偶然こけた光景を交尾の最中と真顔で勘違いし続きさせるなど、天然な一面を持つ他、怒りや悲しみ、報復の先にあるのは滅びだけで、たとえ仲間を殺した相手でも、人はそれを受け入れ、許すことが出来るという考えを持ち、自分達を助けた相手に礼儀や敬意を表すなど、受けた恩を忘れない義理堅い一面も持つ。

アンジュから「サラ子」、ヒルダから「ドラ姫」、ヴィヴィアンから「サラサラ」のあだ名で呼ばれている。

原初のドラゴン・アウラ奪回のため、龍神器焔龍號』に搭乗、ドラゴン達を指揮する。
身体能力が高く、武術の達人で、手加減したとはいえ、アンジュを容易く組み伏せた。
旧世界の文献を研究、様々な遺物を復元させたり、ラグナメイル同様の性能を持つ龍神器を作り出すなど、高い科学力と技術力も持ち合わせている。
また、咆哮でエンブリヲに操られたエマをマナだけ封じて気絶させる芸当を持つ。

自身と同じ『歌』を知るアンジュに興味を抱いており、大巫女にアンジュ達を任せてほしいと頼んだ。その後、アンジュを客分として接し、さらにこの世界の出来事や原初のドラゴン・アウラの存在、そしてマナの真実などを話し、さらに彼女に協力を請う。

当初は意見の違いから反発し合い、アンジュを自らの所有物にしようと古代の闘技場で決闘する(ただし、内容はテニスや野球、ボーリングなど多種目などのスポーツで、おまけにUFOキャッチャーや水着による色踏みゲームなど出てくるなど、とても決闘とは思えない・・・・)が、次第に互いの想いを打ち明け、さらにエンブリヲの攻撃からアンジュとの共闘で民達を救ったことで互いの心が通じ合い、友達関係を築き、人間とドラゴンを超えた絆を芽生えた。

その後、リザーディアから報告で、アウラがミスルギ皇国の地下にあるという情報を得て、奪還するためドラゴン軍の総力を結集し、ミスルギへの大侵攻作戦を開始、アンジュ達と共に次元の扉「シンギュラー」を越えてマナ世界へ来たが、エンブリヲの策略でエンブリヲ側に寝返たサリア率いるラグナメイル部隊「ダイヤモンドローズ騎士団」に大打撃を受けて、アンジュを気遣いながら撤退した。

しかし、リィザによりミスルギ皇国の上空の「シンギュラー」を開ける事に成功し、ナーガカナメと共に出撃、サリア率いるダイアモンドローズ騎士団と交戦する。
戦いの中、自身が囚えられた事で多くの同胞を死なせてしまい、サラ達の前へ出ることに躊躇してしまうリィザに対して、それを苦にせず、彼女を気遣いながら「多くの命を救うために共に戦え」の一言で、リィザはサラの合流を決意したのである。

その後、ヒルダ達と共にアウローラへ合流後、司令官であるヒルダに互いの目的の為に同盟を結ぶ事を進言する。
アンジュの事を気遣うヒルダに必ず帰ってくると言い、疑問を抱く彼女に「友ですから」と言い返した。

その後、タスクモモカと共に帰ってきたアンジュをヒルダ達と共に出迎え、共に反抗作戦ラストリベルタスを行い、アウラ奪還と時空融合の阻止の為、エンブリヲと最後の戦いを挑む。

そしてエンブリオとの決着後、アルゼナルのクルーたちと共に真実の地球へ移住したアンジュと同盟を結び、アンジュとカラオケ対決を繰り広げた。


関連タグ

クロスアンジュ天使と竜の輪舞 焔龍號

pixivに投稿された作品 pixivで「サラマンディーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 300216

コメント