ピクシブ百科事典

ダーククロニクル

だーくくろにくる

ダーククロニクル(Dark Chronicle)は、2002年11月28日にソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたプレイステーション2用ソフト。ジャンルはアクションRPG。
目次[非表示]

概要

ダーククラウド』と同じく、レベルファイブ製作、ソニーより発売。

ダーククラウドと類似したシステムが多く引き継がれているが、
世界観やストーリーには基本的に関連性はない(一部NPCのみ、前作から引き続き登場)。

前作からの大きな変更点としてはプレイアブルキャラクターが2人と大幅に減った点、
全編フルボイスになった事。キャラクターが減った分、1キャラあたり左右の手に2つの武器と
1つの特殊能力が使用可能になっている。
戦闘システムが3Dアクションとなり、大幅に自由度が増したほか、
ダンジョン内で遊べるミニゲームや写真撮影によるネタの収集、集めたネタで発明をするといった要素も追加されている。

ダンジョンでパーツを集め、ジオラマを作るパートも引き続き採用されている。
本作では未来と過去を行き来しながらジオラマパーツを配置し、消されてしまった
未来にあるものを復元していくことになる。

『ダーククラウド』の難点として挙げられた部分が改良されていたり、
全体的な難易度はそこまで高くはないなど、初見でもとっつきやすいタイトルになっているものの、
ネタ集め・スクープの被写体に期間限定・一度しかチャンスが無いものも多く、
コンプを目指すとかなりの時間と労力がかかる鬼畜仕様となっている。

ストーリー

バームプリンクスと呼ばれる町に住む機械いじりが好きな少年「ユリス」の前に、100年後の未来から来た少女「モニカ」が現れる。
彼女によると、グリフォン大帝によって過去の世界が破壊され、世界が崩壊の危機に迫っているという。
彼女を追うグリフォンの手下達の追撃を振り切り、外の世界へ旅立ったユリス達は、様々な場所で破壊された未来を救うために奔走することとなる。

キャラクター

ユリス

バームプリンクスに住む少年。
未来へ行く力を持つ赤のアトラミアに選ばれた人物。

右手に持つ武器はレンチ・ハンマーで、左手に持つ武器は銃。
モニカと比べるとやや攻撃速度は遅いが、走る・持ち上げるといった動作は速い。
撮影に使うカメラやゴルフのようなミニゲーム「スフィーダ」に使うクラブ、
釣りに使う釣り竿などもユリスの担当になっている。

ライドポッド

ユリスが発明した1人乗りのロボット。
攻撃力が非常に高いが、(特に序盤は)小回りが効かず、動きの素早い敵は苦手。
HPはエネルギーゲージという形になっており、被弾する以外にも時間経過で
減っていき、0になると故障してしまいエネルギーを補充するまで再使用できなくなる。

パーツはコア・ボディ・バックパック・脚部・アーム(武器)。
強力なパーツを取り付けるほど強くなるが、コアに設定されている
キャパシティ以内に収まるようにしなければならない。
また、パーツはネタを集めて発明する必要がある。

モニカ

青のアトラミリアに選ばれ、100年後の未来からやってきた少女。
一国の姫であり、剣術と魔術に優れている。

右手に持つ武器は剣で、左手に持つ武器は腕輪。
幼い頃より戦闘訓練を受けていたため、攻撃の動作が速い。
加えて、おそらく意図された仕様ではないと思われるが
攻撃後の硬直をガードでキャンセルし、すぐに次の攻撃を繰り出すという事ができてしまう。

モンスター変化

ダンジョンの中で出現する特定のモンスターに好物を詰めた「ギフトカプセル」をぶつけてから倒すと
そのモンスターに変身できるバッジを入手できるというモニカの特殊能力。
一度バッジを入手したモンスターには自由に変身できるが、
変身中は常時变化パワーを消費していき0になると強制的に終了する
(HPはモニカと共通なので、戦闘不能になるとモニカも戦闘不能になる)。
消費した变化パワーはダンジョンから一度脱出しないと回復しない。

モンスターに変身した状態でAbsを溜め、熟練度が100に達するとレベルが上がり、
レベルが一定以上になると上位モンスターにクラスチェンジ出来るという要素があるが、
変身の入手や育成に非常に手間がかかる割には戦闘能力はだいぶ控えめ。

どちらかというと、同族モンスターに変身している間は攻撃されず、会話を通して
情報収集できる点がメインとなる。

グリフォン大帝

人類を滅ぼそうとしている全ての元凶。
その動機は不明。

ギルトーニ

グリフォンの側近。
度々ユリス達の前に現れ、世界を破壊して回っている。

ミニゲーム

スフィーダ

ダンジョンのフロア内に出現している敵を全滅させるとプレイ可能になる、
ゴルフのようなミニゲーム。成功させるとフロア事に決められた報酬が入手可能。

グリフォン大帝が時空をめちゃくちゃにした事により時空のひずみが発生しており、
そのひずみにこぼれ落ちた破片(スフィア)をぶつけ対消滅させるのが目的。
スフィアは手で触る事が出来ないらしく、スフィーダロッドという
ゴルフクラブのような道具で弾き飛ばして行う。
このスフィアと時空のひずみには赤と青の極性があり、同極は反発、違う極は吸い寄せ合う。
スフィアの極性は壁にバウンドさせる事で変える事が可能。

ダンジョンのフロアをそのままホールとしてプレイする事や、ランダムで生成されるために
非常に難易度の幅が大きく、びっくりするほど簡単なホールになる事もあれば
超絶難易度のショットが要求されたり、ダンジョンによっては水路や進入不能エリアに
落としてしまうとOB扱いで1打消費になってしまうなど、色々とバランス面では不安定な所が多い。

釣り

釣り竿と釣り餌orルアーを入手すると、街だけでなくダンジョンの水場でもプレイ可能になる。
ルアーで釣りをする場合は釣り餌と違い、竿を動かして動きを作る必要がある。
魚を釣ると大きさや種類に応じてポイントが入り、100ポイント事に釣り竿の性能を強化できる。

釣り大会に参加するために行う事になるほか、釣った魚でレースさせる「ギョレース」という遊びもある。

関連イラスト

10TH ANNIVERSARY
だくろ


ダーククロニクル
10年クロニクル


関連タグ

レベルファイブ RPG

関連記事

親記事

レベルファイブ れべるふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダーククロニクル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 514101

コメント