ピクシブ百科事典

テト(NGNL)

てと

『ノーゲーム・ノーライフ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:釘宮理恵

概要

ノーゲーム・ノーライフゼロの主人公、リク・ドーラが創造していたゲームの神様。
対戦時リクが星杯(スーニアスタ)を取れずに、リクの願いによって具現化される。

生まれてから1回しか負けたことがなく、その相手は『__』。
大きなチェス盤の様なテーブルと、王様が座る様なイスに座って空たちを待っている。
そして、自身の反対側の相手が座る位置にイスを置いている。

人物像

異世界・ディスボードの神様。かつては「遊戯の神」と呼ばれていた。
過去の大戦の際に参戦しなかったため、不戦勝で唯一神になる。を自分の世界へと召喚する。

独り言をする事が多く、神霊種(オールドデウス)に盗み聞きをされる。
また、その時に神霊種から言葉を挟まれる。
「僕は誰の味方でもない」
と当時語っている。

一人称は僕であり、気まぐれな性格・・・なのかもしれない。
愉快そうに取る行動は裏があると思われる。

関連タグ

ノーゲーム・ノーライフ 空(NGNL) 白(NGNL) テト

pixivに投稿された作品 pixivで「テト(NGNL)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182462

コメント