ピクシブ百科事典

デニス・ベルカンプ

でにすべるかんぷ

オランダ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。

概要

デニス・ベルカンプ
【Dennis Nicolaas Maria Bergkamp】は、オランダアムステルダム出身の元サッカー選手。常に冷静で表情一つ変えずゴールを量産した事から「アイスマン」との異名を持つ。

アーセナルFCで長らくプレーし、同チームで引退したクラブのレジェンド。アーセナルのスタジアム前にはベルカンプの銅像が建っている。

華麗なタッチによる正確無比なボールコントロールを武器とし、特にトラップ技術に関しては歴代随一とも呼ばれる技術を持つ。「レンブラントの筆使いのよう」とまで称されたトラップからの、エレガントかつ無駄のないプレーで多くのファンを魅了した。
特に2002年3月3日、ニューカッスル・ユナイテッド戦で決めた鮮やかな振り向きトラップからのシュートは、プレミアリーグ史上最高のゴールに選出されている。


人物としては極度の飛行機恐怖症として知られており、同じくオランダのレジェンドであるヨハン・クライフが「フライング・ダッチマン」(空飛ぶオランダ人)と呼ばれている事に対して「ノン・フライング・ダッチマン」(飛ばないオランダ人)との異名を持つ。
遠方への遠征の際も、必ず陸路を使ったルートでしかチームに帯同できなかった事から歴代の監督を悩ませたという。

関連タグ

アーセナルFC

関連記事

親記事

アーセナルFC あーせなるえふしー

コメント