ピクシブ百科事典

トゥーティッキ

とぅーてぃっき

トーヴェ・ヤンソン原作の「ムーミン」シリーズに登場するキャラクター。

声 - 山本嘉子/土井美加
小説では『ムーミン谷の冬』『ムーミン谷の仲間たち』(姿の見えなくなった女の子‘ニンニ’を連れてくる)に登場する。
赤と白の横じまセーターを着た、落ち着いた性格の女性で、種族は不明。
1972年版のアニメーション『ムーミン』では、‘第3話今日は(こんにちは)おしゃまさん’で初登場をし、ジャコウネズミに勝手に弟子入りをして、木の上からスノークのかつらを吊り上げようとしたり、手回しオルガンをやたらに演奏していたり、原作と異なり一時迷惑がられたこともあった。こちらでも、水浴び小屋に勝手に住んでおり、ムーミンたちを招いた。解説書には男の子と誤植されていた。

アニメーション『楽しいムーミン一家』ではあまり頻繁には登場しないが、原作の『ムーミン谷の仲間たち』と同じく、透明人間になってしまった少女ニンニムーミンママに預けに来たのが初出。ムーミン一家の水浴び小屋に(無断で)冬の間だけ住んでいる。
偶然、冬眠中に目を覚ましたムーミンに知られその旨を謝った。
翌年の冬でも、ムーミン家から薪を無断で持ち出している(ただし、「自分達のお祭りだから、当然返してる」と冬眠明けの前に返却している事を告げているが無断で使用してる事についての謝罪は無い)。
モデルは作者の私生活でのパートナーだったトゥーリッキ・ピエティラ(Prof Tuulikki Pietilä)教授。

メイン画像
右)昭和トゥーティッキ
左)平成トゥーティッキ

pixivに投稿された作品 pixivで「トゥーティッキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40111

コメント