ピクシブ百科事典

トレバー・スペイシー

とればーすぺいしー

横スクロールアクションゲーム「メタルスラッグ(4のみ)」の登場人物

概要

プレイヤーキャラの一人で、「メタルスラッグ4」でターマ・ロビングエリ・カサモトの代役としてナディア・カッセルとともに追加された正規軍特殊工作部隊PF隊の隊員。

2010年6月3日、韓国生まれのアメリカ系韓国人(もしくは韓国系アメリカ人)。
18歳に母国で軍に入隊後、正規軍にスカウトされる。マルコ・ロッシ少佐に憧れ特殊工作部隊ペルグリン・ファルコンズ(PF隊)に志願する。
プログラマーとしての才能も高く、3歳の時に両親から英才教育の一環でコンピューター学を叩きこまれており、学生時代の課題に抗ウイルスワクチンプログラムを作成しそれがあまりにも高性能すぎたためいまだにその学校で使用されているほど。
実は、マルコがかつてこっそり作ったコンピューターウイルスが軍のデータに侵入し核ミサイル発射しかけたことを知っている。

テコンドーの使い手でもあり近距離格闘ではナイフではなくキックを使うが、キックする際に膠着するのでナイフ攻撃のように歩きながらの攻撃が出来ず、シールド兵に対しては盾だけしか攻撃できないという残念なものになっている為、攻略には大変不利である。ただし、しゃがみ攻撃が他のキャラと同じくナイフ攻撃ができる。

当時スポンサーだったMEGA社が韓国なため、韓国人キャラを作ってくれと要望が強かったので作ったものの、4がシリーズファンから最駄作と酷評だったこと、キャラクター自体そんなに人気がなかったため、続編でターマとエリが復帰したことでさっそく忘れられてしまったある意味悲しい人物。
普通に考えて全然韓国人っぽくない外見や名前でどうやってアメリカ系韓国人(韓国系アメリカ人)という無茶苦茶な設定にしたのか?ファンからしたら「普通に韓国生まれのアメリカ人でいいやん」と言われていたとかいないとか。
また、4でリストラされたエリとターマは揃って日本国籍で、トレバーは韓国国籍だった為、「これは一体どういう意図での事か?」と、疑問を生んでしまった。
結局、キャラ同士の国籍が国籍なだけに、余計な争い事を生んでしまった。

メタルスラッグディフェンス

スマホアプリゲーム「メタルスラッグディフェンス」で12年ぶりに参戦。課金キャラとして登場
このゲームは各キャラクターに攻撃方法が決まっており彼の場合、近距離攻撃がテコンドーで遠距離攻撃がダブルマシンガン、特殊攻撃が後ろへ飛んでのダブルマシンガンである。
性能面は非常に優秀で、特殊攻撃の方のダブルマシンガンの弾幕射撃が強力で、その上攻撃後の膠着時間が短いのでwifi対戦では多くのユーザーがこのキャラを使用している。
・・・しかしあまりにも強いため、トレバーを持ってないもしくはチームに編成していないユーザーからすると悪魔のような存在だったので、運営側が調整し膠着時間が長くなるなど思いっきり弱体化してしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「トレバー・スペイシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13185

コメント