ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

最大約240センチに成長するアフリカ最大のオオトカゲ
名前に「ナイル」とつくが、ナイル川流域の固有種ではなく、アフリカのほとんどの水辺に生息している。水に依存した爬虫類であり、湖や池、川(上流〜河口域)のほか、海辺にも稀に現れる。
食性は動物質を食べる肉食。
貝などを好んで摂食し、その発達した顎でバリバリと砕いて食べる。
繁殖形態が変わっており、産卵時はアリ塚に卵を産むという。

日本ではペットとして飼われるが、後述の性質のせいで狂犬と呼ばれ恐れられている一方で、逆に魅了された飼育者も多い。

「狂犬」と言われるわけ

日本でペットとして流通する場合、2メートルもある親を連れて来るわけにもいかないので、基本的には子供が5千円前後と比較的安価で販売される。そのため見た目や値段に目をくらませ、後先考えもろくすっぽ調べもせず衝動的に購入し、後々大惨事となる飼い主が後を絶たず、そうした個体の引き取り依頼も多い。

実はナイルオオトカゲは神経質で非常に気性が荒く「許可なく飼育できる生物としては最も危険」と言われるほどの危険性を持っている。
人間の指など2、3本まとめて切断する顎を持つので、慣れない飼い主が購入するとあまりにも危険である。
更に厄介なのが、「人慣れしない」という点である。
通常爬虫類は懐きはしなくとも人間に慣れるものだが、ナイルオオトカゲはほとんど慣れない。また、小さいうちから育てても慣れない個体が多い。

非常に飼育が難しい生き物なので、大型爬虫類・荒い爬虫類の飼育経験がない人は避けるべきである。

(この気性の荒さは、本来敵が来ても水に逃げ込む性質があるが、狭いケージの中では逃げられないため、防衛のために激しく抵抗するものであり、獰猛な種ではない。)

関連動画

個人宅で飼育されている個体


引き取った個体を展示している爬虫類カフェ


関連タグ

爬虫類
オオトカゲ

関連記事

親記事

ナイルオオトカゲ亜属 ないるおおとかげあぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイルオオトカゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント