ピクシブ百科事典

ノコギリエイ

のこぎりえい

軟骨魚綱エイ上目ノコギリエイ目ノコギリエイ科に属するエイの一種。英名はソーフィッシュ。
目次[非表示]

概要

 鱗が変化したノコギリ型の吻が特徴で、この吻の下側には生物電気を探知する小さな孔(ロレンチニ瓶)がある。
 小魚やイカが主食で、前述の吻を砂に潜っている獲物を掘り起こす他、獲物を殴打して気絶させたり叩き殺したりする。相手が殴打で気絶し海底に落ちたところを捕食するが、即死の場合はその場で食べる模様。

2属5種が知られており、Pristis pectinata、Pristis Pristis、Pristis zijsronは最大7mにもなる。最小種であるPristis clavataでも全長3mにもなる。

 昔はこの吻でなどを切り殺して食べると考えられていたが、吻にそのような威力はない。それでも吻は非常に危険なので、むやみに刺激したりしないよう注意が必要。おとなしくても餌を見つけたときなどは攻撃的になることもあり、船で捕獲されて死んだと思いきや急に暴れだして船員を死亡させた例もある。

 夜行性で視界の悪い場所に好んで住むため野生の観察が難しく、生態については未だにわかっていないことが多いが、海と淡水域を行き来して淡水でも繁殖が可能とのこと。実際にニカラグア湖ではオオメジロザメと共に淡水域での生活に適応している。

ノコギリザメとの関係

ノコギリザメとノコギリエイの違い


 ノコギリザメによく似ているが、

  • ノコギリザメの吻の歯は大きさがまちまちだが、本種では全てほぼ同じ大きさである。
  • ノコギリザメの吻の歯は抜け落ちても生え替わるが、本種のものは脱落しても生え替わらない。
  • ノコギリザメの吻にはセンサーの役割を果たすヒゲのような器官を持つが、ノコギリエイにはそれがない。
  • ノコギリザメの鰓は体側面に開いているのに対し、本種では体下面に開く。これこそ本種がエイである証拠。
  • 胸鰭に関して、ノコギリザメ目よりノコギリエイの方が相対的に大きい。
  • ノコギリザメは最大でも2メートル位にしかならないが、ノコギリエイは大型で最大8mにまで成長する種類がいる。

 なお、ノコギリエイはエイの仲間の中では比較的サメに近い種類が進化を遂げている。

関連項目

エイ

スピノサウルス:同じ地層から、最大7メートル以上はあったと思われるノコギリエイに似た魚の歯の化石が数多く発見されている。スピノサウルスの生前の主食だったかもしれない。

関連記事

親記事

ノコギリエイ目 のこぎりえいもく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ノコギリエイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87064

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました