ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

体はエイ類のなかではもっともサメ型に近い。尾部がよく発達し、大きな背鰭と尾鰭があるのが特徴。主に砂泥底に棲み、甲殻類貝類を捕食する。サカタザメ科はすべて卵胎生で、サカタザメは6月ごろ6尾程度の子を産む。底引網などで漁獲され、蒲鉾等の練り物の原料、煮物等に利用される。

サカタザメ科一覧

関連タグ

エイ エイ目
ノコギリエイ類

関連記事

親記事

ノコギリエイ類 のこぎりえいるい

子記事

兄弟記事

コメント