ピクシブ百科事典

ハヤテの両親

はやてのりょうしん

漫画・アニメ『ハヤテのごとく!』の登場人物。

「父さんにはもっと…自分にふさわしい有意義な仕事があると思うんだ。」
「母さんはね、馬券を買っているんじゃないの。夢を買っているの」

概要


綾崎イクサ綾崎ハヤテの両親で父の本名は綾崎瞬という(母は本名不明)。
父は自分探しと称して定職には就かずに野球賭博に夢中、肉を食わせてやると言ってサファリパークに放置(したが自力でライオンから肉を盗んで逃げてきた)、絵画売買の詐欺で片棒を4歳のハヤテに担がせる、ハヤテの幼稚園の同級生達が持ってきた給食費を盗む、アテネがハヤテに送った指輪を売り飛ばしハヤテとアテネの決別の原因を作った。
母はハヤテの育児をおろそかにしてパチスロの裏ロム開発に夢中になる、病気のハヤテを放置してハヤテの給食費を持ち出してパチスロ(アニメではドラムはくるくる回る夢)をしに行くなどきりがない。また学費を回収するために勝手にハヤテの退学手続きをしたことも。
挙げ句の果てには1億5千万まで膨れあがった借金をハヤテに押しつけ、二人とも失踪。ハヤテの不幸の元凶である「人間のクズ」で、ハヤテ曰く『更生はまずありえない』とまで断言するほど。

最終章では、父親はハヤテがナギに楽しく暮らしてると聞き、不動産屋に変装して、千桜から情報を集め、分け前を貰おうとしたもの、ハヤテにばれて殴られたが、神埼に変装した母親にその事を報告、ナギの前で「騙したじゃなーい!勘違いを利用してさ。本当は誘拐しようとしたくせに…!! 恋人の振りなんかしちゃってさ!!」とばらし、負の感情を爆発させる庭城への鍵を開くきっかけを作らせた。

と、この様に終盤で引っ掻き回したが、当の本人達はハヤテがせいぜい「金持ちの令嬢に取り入った」程度にしか認識しておらず、現在の彼がとんでもない厄介事に関わっているとは知らないまま、目先の欲で安易に首を突っ込んでしまっていた。
そして最終回で、恐ろしい地雷を踏んでしまった事に気付かず、懲りずに次の悪企みを考えていた所を目的を台無しにされて激怒したヒスイに襲撃され、拉致された母親は『全財産を使ってお前達に地獄をやる』と宣告を受ける事になり、そんな妻を見捨てて逃げた父親は駆け付けたイクサに殴り倒されて捕まり、死ぬより酷い自業自得の末路を遂げた。

ハヤテのイメージではハヤテの生命保険で喜ぶ描写があった。ちなみに母親は子どものような絵を描いていることが多い。両親共にシルエットに「父」「母」の文字が入った姿でしか描かれていないが、作者いわく実際はとても美形で誠実そう(実際、最終巻を見てもそんな感じ)で温和な顔をしているらしくだからこそ人を惑わすことができるとのこと。
ちなみに台湾版では原作より先に顔が出ているが、さえないオッサンオバサンと言った感じ。原作ではもはや思考回路が人間のそれではないほどのサイコであったが、こちらではまだ現実に有り得るレベルのクズ親と言った感じで、ハヤテも原作程見放してはいない。

関連タグ

ハヤテのごとく! 吐き気を催す邪悪 毒親
魔入りました!入間くん/男子高校生を養いたいお姉さんの話:同じレベルの両親に育てられた哀れな少年たちが主人公の話。

関連記事

親記事

綾崎瞬 あやさきしゅん

コメント