ピクシブ百科事典

綾崎瞬

あやさきしゅん

『ハヤテのごとく!』の登場人物。 ここでは彼の妻についても記述する。
目次[非表示]

CV:浜田賢二

概要

綾崎ハヤテ綾崎イクサの父。
綾崎鈴音は彼の母であり、初期設定ではマリアも彼の娘だった。

長年ハヤテの収入を頼りに生活していたが、2004年のクリスマスイブに妻共々失踪。
ハヤテに1億5680万4000円の借金を押しつけ、彼の臓器を売り渡す契約を結んでいた。
更に失踪前にハヤテのバイト先の給料17万円と、ハヤテが働いて潮見高校に払っていた学費も勝手に退学手続きを済ませた後に回収していた。おまけにレンタルショップで借りたDVDを持ち逃げし、その弁償代で更にハヤテの借金を増加させている。

なお、レンタルショップの会員証はハヤテの個人情報を利用して作っていたものの、「綾崎瞬」名義で登録されていた為、彼の本名自体は原作初期の段階で発覚していた。

人物

表向きは柔和で人当たりのいい人物だが、自己中心的で自己の利益の為には他人を顧みない。
実の子であるイクサ、ハヤテすら食い物にし、子としての情など全くない。
野球賭博に熱中し、金に執着している割には「自分探し」と称して定職に就かないでいた、そして自分の洒落にならない悪行を淡々と語るなど生粋の破綻者。
ハヤテによれば、詐欺や窃盗など悪行が目立ち、誰彼かまわなく利用しては切り捨てる性格。
幼少期のハヤテと天王州アテネの仲を破壊する原因を作った張本人であり、全ての元凶である。

妻共々このような人間性からアテネからは「人間のクズ」と評され、息子であるハヤテとイクサからも激しく嫌悪されており、特にハヤテは愛沢咲夜からもしも両親が改心してまた一緒に暮らしたいと言ってきたらどうするか聞かれた際は「どうするも何も、ありえませんよそんなことは」と諦めきった口調&満面の笑顔で吐き捨てている。実の母である鈴音すらも「(瞬が)孫を不幸にしている」と認識しており、どこか憎めずコミカルなキャラクターばかりのこの作品の中では唯一と言っていい純粋な悪人と言える。

その容姿は長年描写されておらず、黒塗りの男性に「父」と描かれたコミカルな姿で表現されていた。本編終盤の「最終章」においてようやく登場し、一見気弱で誠実そうに見える、穏やかな雰囲気の老紳士といった感じの姿が明かされた。

「最終章」においては、不動産屋に扮してハヤテや三千院ナギの友人である春風千桜に接近。世間話のフリをしつつ巧みな話術でハヤテとナギの現況を聞き出し、息子を通じて三千院家の遺産のおこぼれを得ようとしていた。しかし、その陰謀が明るみになると、ハヤテとナギの間にあった誤解(当初ハヤテが営利誘拐を企んでナギに接近したこと)を暴露し、二人の信頼関係を完全に破壊してしまった。

おまけに計画が破綻した後もハヤテを利用しようと企んでおり、彼を一生使い潰すつもりだったようだが、最後は初柴ヒスイの攻撃で乗っていた車が大破し、妻をも見捨ててて逃亡した挙句に実子・イクサに捕まって殴り倒された。イクサによれば「殺しはしない」らしいが、相応の裁きが下されたことは想像に難くない。

ハヤテの母

CV:村井かずさ
瞬の妻でイクサ、ハヤテの母。風貌は実子のイクサに似ている。
表面上は夫同様に人当たり良く誠実そうな女性に見えるが、本質的にはエゴイスト。家事も仕事もせずパチスロ、競馬等の賭け事に狂い、給食費の盗難など犯罪行為も重ねていた。更にアニメ版では息子が風邪を引いて苦しんでいる時ですら看病をせずギャンブルに走っていたことも語られている。その自己中心さは異常な域に達しており、自身の悪行すらハヤテのせいだと言い放っている。

「最終章」では神埼という偽名を名乗り、ナギの母・三千院紫子によく似た姿に変装してナギに接近。「若い頃に幼い子供を亡くした」という作り話でナギの同情を買い、マリアがいなくなったせいで病みつつあった彼女を利用しようと企んだが、瞬の陰謀がバレたことを知るとナギに自身の正体と目的を明かし、ナギの心を完全に折ってしまった。

最終的に「王玉」の力を得る計画を破綻させられた事に激怒した初柴ヒスイによって車を破壊され、瞬からも見捨てられた挙句、ヒスイに追い詰められ悲鳴を上げる羽目になった。
ヒスイ曰く「私が全財産を使ってお前たちに地獄をやろう」とのことなので殺されてはいないだろうが、(イクサが止めていなければ)夫婦ともども三千院家の莫大な遺産を使用した、死ぬまで続く拷問を受けたであろうことが示唆されている。

関連タグ

ハヤテのごとく!
毒親 吐き気を催す邪悪 サイコパス

pixivに投稿された作品 pixivで「綾崎瞬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124

コメント