ピクシブ百科事典

ハーフオーク

はーふおーく

ハーフオークは、暴虐な種族であるオークと人間とを交配させた結果産みだされる種族。

概要

ハーフオークは醜い容姿の力の種族であるオーク(恐らくその最高品種であるウルク)と人間を交配させた種族であるため、滅多にのある結婚から生まれてくることはなく、強い兵士として育てるために産み出されると言われている。
そういう場合はやはり大急ぎで逞しく成長し、絶えず身を守るため、あるいは名を上げるために戦うことを強いられるために倒錯と暴力の裔たる種族になる。
ハーフオークは全体としてこのような仕打ちに憤っており、被害者として同情を乞うよりは人間に食って掛かる傾向にあり、無意識のうちに周囲の偏見を認識することになる。
少数のハーフオークは恐れられ、疑われ、唾を吐かれながらも偉業と予想だにできぬ知恵によって中傷者を驚かせてのける。時には頭蓋をいくつかかち割るほうがよほど簡単であるにも関わらず、一部のハーフオークは純血のオークに自分たちが同じくらい苛烈であることを証明するために人生を費やす。
そうでない者は人間社会に溶けこもうとすることを選び、絶えず自分たちが化け物ではないことを実証し続ける。絶えず自身の価値を証明することの必要性は、残されたハーフオークに周囲の社会の中で努力することを促すためとされる。

名称は「ウルクあるいはウルク・ハイ」とよく言われるが、J・R・R・トールキン自身の製作ノートの索引には「ウルク」「ウルク・ハイ」と明確に区別されていることなどから、ウルク・ハイがハーフオークで、ウルクは「最高オーク」と推測される。『指輪物語』とシルマリルリオン(こちらには「オーク人間」と表記)と、wikipediaとそれの資料である「幻獣大全」は目を通した。

身体的特徴 / Physical Description
ハーフオークの身長は平均およそ6フィート(1フィートが30.48cmなので×6は182.88cm)で、力強い体格と灰緑色がかった肌を備えている。ハーフオークの犬歯はしばしば口から飛び出すほどの長さに成長し、これらの“牙”と太い眉、わずかに先の尖った耳の組み合わせは、悪名高い野蛮な外観を作り出している。ハーフオークは印象的であるかもしれないが、美しいと評するものはほとんどいない。
これらの明確なオークの特性が描かれているにも関わらず、ハーフオークはその人間と同じくらい多様な容姿で産まれるという。
指輪物語』には、人間の特徴が描写され、上司のためにパイプ草をホビット庄から搾取する仕事をしていた、ハーフオークが登場する。ラスト近くでホビットにやられる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーフオーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173654

コメント