ピクシブ百科事典

ババルテット

ばばるてっと

東方Projectの二次創作。年増の女性という二次設定を付けられた一部の登場人物(西行寺幽々子、八雲紫、八意永琳、八坂神奈子)が四名集まった状況に対する呼称、またはそのグループ名。
目次[非表示]

東方projectの登場人物の中でも一部のファンからババァとして扱われている、西行寺幽々子八雲紫八意永琳八坂神奈子の四名を一括りにした二次設定
東方星蓮船の発売以降は、四名の内一人が聖白蓮にされている作品も見られるようになり、とりわけ幽々子と白蓮が入れ替わった場合は「尼入りババルテット」と呼ぶこともある。また、前述の五名全てが一緒の場合「東方五大老」と呼ばれたりもする。

なお、東方Projectシリーズの原作者であるZUNは「登場人物は全員子供(少女)」と複数回に渡って説明している。

東大駒場祭から

ZUN「老人が出てきてもおかしな話ですし、
  やっぱり、同じくらいの年代の同じくらいの女の子で集まってる
  話作りやすいですからね。結果的にそうなってしまう。」
司会「そう、軽さってことなんですよね。
   なんか、こう男が出てくるとガチな勝負になってしまう」
ZUN「基本的には遊びですしね。
  男が出てきたらなんかすごくでっかくて大っきな弾撃って、
  速い弾一発投げれば大体勝負付くもんね。その方がカッコいいよね」
司会「でも、そこでもあえてあくまでごっこ、遊びだと言う事をやっていきたいがために少女・・・」
ZUN「まあ結局そうなっちゃうよね。
  敵もそうなるし、敵で出たキャラクターを自機に使ったりすると、その繰り返しですね」
(2010年11月23日の「ZUN氏講演会」)

幻想掲示板の過去ログから

2003年12月12日の書き込み。
Q.
 今まで頑なに少女しか登場しなかったのには何か重要な意図が?

A.
 本気で闘う場合、少女たちが1対1で闘う事なんてあり得ないんです。
 (シリアスなストーリーになればなるほど)
 だから、あれは彼女達のゲームなんです。
 遊びとしてみた場合、今度は均等に老若男女が入り乱れる事の方が不自然になります。
 だからゲームの中では、容易に少女以外を出す事が出来ない訳です。
 今までもこれからも。
Web archiveによりまだ閲覧可能

萎えラジから

2007年8月11日深夜の萎えラジにおいてZUNは、「東方キャラは全て子供であり、胸はあまり無い」と述べている(この時の音声は、ニコニコ動画上に投稿された動画の11:40以降にZUNの「みんな子供だから」等の発言を聞くことが可能)。

「東方紫香花 ~ Seasonal Dream Vision.」から

その一方で、霊夢は八雲紫に「ボケ老人みたいよ?」と言い、紫が「そうね。呆けているのかも知れないわね」と返す場面もあるが、伊吹萃香は「紫の言ってる事なんて信用しちゃ駄目よ」と忠告している(詳細は下記)。

アンソロジー同人「東方紫香花」でZUNが発表した小説からの抜粋。

 紫「私はこんなに忘れっぽいたちだったかしら?」
 霊夢「何をブツブツ言いながらふらふらしているのよ。ボケ老人みたいよ?」
 紫「そうね。呆けているのかも知れないわね」
 霊夢「いや、認められても返事に困るんだけど」

原作「東方萃夢想」からの抜粋。

 萃香「ああ、紫の言ってる事なんて信用しちゃ駄目よ。 存在自体がインチキなんだから

使用上の注意

二次創作で「妙齢」と「年増」が混同されていることがあるが、妙齢は「若い年ごろ」という意味である。
「妙」とは若い意。
デジタル大辞泉 みょう‐れい〔メウ‐〕【妙齢】

pixiv上においては、上記の四名の組み合わせやネタとして使われることもあるが、本来「ババァ」とは罵りの意味があるため、TPOを考えないと他者から荒らしと取られる可能性もあるので、使用の際は注意が必要である。

関連タグ

東方project バカルテット
ババァ 幻想郷三大婆 東方五大老 尼入りババルテット
東方Projectのグループ名一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ババルテット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 317888

コメント