ピクシブ百科事典

ピカレスク小説

ぴかれすくしょうせつ

悪漢小説、ピカレスクロマンともいう。、高貴な血筋の生まれではない主人公が、冒険という非日常ではなく現実という日常を舞台に生きるための闘いを繰り広げ、繁栄の中で多くの矛盾を内包する社会や国を批判的なまなざしで記している小説(ウィキペディアより)

怪盗義賊が社会的に犯罪といわれる事を犯しながら、弱き者を助け、社会的矛盾を批判的に書いた小説。ピカレスクロマンとも呼ばれる。日本では「石川五右衛門」、「アルセーヌ・ルパン」等が有名。詳細はピカレスクロマンの記事を参照。

コメント