ピクシブ百科事典

ファンタスティック・プラネット

ふぁんたすてぃっくぷらねっと

『ファンタスティック・プラネット』(英:Fantastic Planet、原題:La Planète sauvage)は、ルネ・ラルー監督による、1973年制作のフランス・チェコスロヴァキア合作のアニメ映画。原作はステファン・ウル(仏)のSF小説『オム族がいっぱい(Oms en Série)』。
目次[非表示]

概要

 ローラン・トポール(仏)のオリジナルデザインのイラストと、「商業アニメーションで広く使われる<セル・アニメーション>ではなく、紙に直接書いたものを切って、それを背景の上で動かす<切り絵アニメーション>の手法(ファンタスティックプラネットBlu-ray封入特典ブックレットより抜粋)」によって生み出される独特な世界観で一部のファンの間で絶大な人気を誇る、70年代を代表するカルトアニメのひとつである。


ストーリー

 惑星イガム。ここは高度な知能と、青い肌と真っ赤な眼球、魚の様な容姿を持つ巨大な種族・ドラーグ族が支配していた。ドラーグ族の手のひらサイズの小さな種族で、我々人類と酷似しているオム族は、野生で原始的な生活を行い、虫やネズミのように扱われ一部はペットとして飼育されていた。
 ある日、ドラーグ族の悪ガキ達がイタズラでオム族の母親とその赤ん坊を虫ケラのように扱い、母親を殺してしまう。独り残された赤ん坊は偶然通りかかった、イガムの県知事であるシンとその娘ティバに拾われ「テール」と名付けられ飼育されることになるが……。

キャラクター

テール/本作の主人公。ドラーグ族の悪ガキ達に母親を殺されるも、ティバに割と愛情を持って育てられる。ドラーグ族の学習器でティバと一緒に勉強するうちに高度な知能を持つようになった。

ティバ/ドラーグ族の少女。テールの名付け親でもあり、テールを可愛がって育てていたが、ドラーグ族の生命維持活動「瞑想」を行ってからはあまりテールに構わなくなった。友人とオム族バトルをしたり、オム族風アイラインを引いてみたり、至って普通の少女である。

シン/ティバの父で惑星イガム・テレーズ県の知事。オム族に対して穏健派だが、扱いは雑。娘と一緒に歩いていたら、たまたま見つけたオム族の赤ん坊を娘が飼いたいと言ってきたのでそれを許した。

タージュ/惑星イガム・ゴアム県の知事。オム族に対して強硬派で、季節ごとにオム族狩りをしている。

別名・表記ゆれ

ファンタスティックプラネット

pixivに投稿された作品 pixivで「ファンタスティック・プラネット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15712

コメント