ピクシブ百科事典

フライ(揚げ物)

あげもののふらい

揚げ物の「フライ」。日本では「野菜や魚介類の揚げ物」を「フライ」と呼ぶ。
目次[非表示]

概要

揚げ物の「フライ」。日本では「野菜魚介類の揚げ物」を「フライ」と呼ぶ。英語では「deep fry」。

揚げ物としての「フライ」とは、野菜、魚介類などの材料にパン粉を付けて油で揚げた料理の名称。
本来は「deep fry」なのだが、日本では「フライ」の名称で広まり使用されている。
エビフライ」が代表的な料理。

また、肉類を揚げた料理は基本的に「カツ」と呼ばれている。→「カツ(揚げ物)
しかし「の揚げ物」の中には「魚カツ」や「フィッシュカツ」など「カツ」と呼ばれている料理もある。

主な「フライ」料理

フリッター
フリット洋風天ぷら洋天フリトーとも。
揚げ物全般を指す事もある。

フィッシュフライ
主に白身魚のフライで、フィレオフィッシュの具材。
徳島県ではカレー味魚肉練り製品のカツ「フィッシュカツ」となる。

フィッシュ・アンド・チップスフィッシュアンドチップス
イギリス料理の(良くも悪くも)代表料理。
魚のフライにポテトのフライを添えたもの。

アジフライ
アジが材料。

イカフライイカリングフライイカリング
イカが材料。
カラマリ」とも。

エビフライ
エビ(Prawn)が材料。
小エビ(Shrimp)をすり身でまとめ、成型後に衣をつけて揚げた「エビカツ」もある。

カキフライ
カキ牡蠣)が材料。

フライドポテト
ポテト(主にジャガイモ)が材料。
ポテトフライとも。
ちなみにいもフライと呼ばれている栃木県佐野市発祥のご当地B級グルメもある。

フライドチキン
鶏肉が材料。
普通は「鶏肉の揚げ物」は「チキンカツ」と呼ばれるが「ケンタッキーフライドチキン」の影響でこの呼び名もある。

オニオンリングフライ
輪切りしたオニオン玉ねぎが材料。
また、玉ねぎを1玉使って揚げた「ブルーミンオニオンオニオンフラワー)」という料理もある。

飲めや



ホタテフライ
ホタテが材料。
「ホタテ風味フライ」として味や食感だけを似せ、かまぼこを材料とした商品も販売されている。

埼玉県の「フライ」

主に埼玉県行田市周辺の埼玉県北西部で食されているご当地B級グルメ「フライ」が二つある。

行田フライ
こちらは揚げ物ではなく「粉もの鉄板焼き料理」となっている。

ゼリーフライ
こちらはジャガイモと「おから」を混ぜて素揚げした「揚げ物」。
名称は「銭フライ」が変化したもの。

フライドエッグ

英語でいうと「目玉焼き」の意味となる(Fried egg)。
フライパンで調理したから、だとか。

ちなみに「油で揚げるフライドエッグ」もあり、こちらは「スパニッシュ フライドエッグ」と呼ばれている。
3ステップで作れちゃう「スパニッシュフライドエッグ」の簡単レシピ - macaroni

関連タグ

料理 調理法 食物
揚げ物 野菜 魚介類  材料

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「フライ(揚げ物)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518

コメント