ピクシブ百科事典

ブラニフ航空

ぶらにふこうくう

ブラニフ航空はかつてアメリカに存在した航空会社の1つである。

概要

ブラニフ航空は1928年にブラニフ兄弟の手によって開設された。当初はテキサス州を中心に航空郵便業務を行っていた。その後徐々に国内線を拡大していったが、第二次世界大戦後にそれまでパンアメリカン航空にのみゆるされていた国際線の自由化によって国際線に参入、ジェット機導入もあいまって南米を中心に急速に国際線増やし規模を拡大させていった。1978年の航空自由化政策以降はそのスピードを急速に推し進めた。この頃長年の夢であったコンゴルド導入を実現するが、周辺住民の批判を浴び、さらに急速な路線拡大と競争激化が経営を悪化させ、イラン・イラク戦争による原油価格上昇で決定的な打撃を受け、1982年破綻。1983年、1991年二度にわたってブランド買い取りによる復活と破綻を繰り返し1992年の運行停止をもって消滅した。

退屈な飛行機の終焉

ここまでであれば普通の航空会社の1つであるが、ブラニフ航空が他社と異なっていたのはその独自のブランド戦略であった。1965年から行われた「退屈な飛行機の終焉」キャンペーンはそれまで類を見ないものであった。広告代理店やデザイナーと契約し、それまで代わり映えのない飛行機の塗色を機内ごと「ジェリー・ビーンズ・フリート」という機体ごとに15色に塗装を行った。そして制服もそれに併せてデザイナーが制作したものを使用、さらにはカウンターや本社もカラーリングを行う念の入れようだった。さらには芸術家のデザインによる塗色も行われた。これらの伝説とも言える戦略から会社がなくなった現在でも様々なグッズが作られ、パンアメリカン航空と共に今も生き続ける人気のブランドとなったのである。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラニフ航空」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント