ピクシブ百科事典

プラウドレーシング(なにわ友あれ)

ぷらうどれーしんぐ

プラウドレーシングとは、漫画「ナニワトモアレ(第二部:なにわ友あれ)」に登場する環状族のチームである。

概要

トリーズンレーシングと並ぶ規模のチーム。
友好チームはトリーズンの他に「オンラッシュレーシング」や「アトミックレーシング」などがある。
初代会長は不明だが、2代目会長はナオキで、ここまでチームが大きく有名になったのはナオキの功績が大きいと思われる。

ナオキが環状を引退し、ハジメを3代目会長に指名するもパレード中にハジメは事故死。しばらく会長不在の状態となり、タクが実質上の会長となる。環状一か月戦争終結後に正式にタクが4代目会長となる。

タクとグッさんは仲がいいこともあり、プラウドはスパーキーレーシングに協力する事が多い。

環状一か月戦争の時もだが、プラウドはトラブルメーカーの要素が強くなっており、ブラディーレーシングとの一件では、お互いのケツ持ち同士の諍いがチームに飛び火し、その最中タクが重傷を負わされ、幹部や既に引退していたナオキまでもが襲撃に遭い、プラウドは半ば壊滅状態に。スパーキーやハッシュまで巻き込んでしまっている。


関連イラスト


関連タグ

なにわ友あれ 週刊ヤングマガジン

コメント