ピクシブ百科事典

プラレスラーVAN

ぷられすらーばん

『プラレスラーVAN』とは原作:牛次郎、作画:神矢みのる、デザイン協力:神宮司訓之による日本の漫画作品。『チャンピオンRED』(秋田書店)にて2003年4月号から2005年1月号まで連載された。
目次[非表示]

概要

プラレス3四郎の続編であり、20年以上後の時代。
主人公のVANこと伴雄二は、自作プラレスラーの明王丸とともにプラレスの頂点を目指し、数々の強敵に挑んでいく。だがその影ではプラレス技術の軍事利用を企む謎の組織『青いサソリ(ブルー・スコーピオン)』の陰謀が蠢いていた。

オーナー

伴 雄二(ばん ゆうじ)

主人公。通称『VAN(バン)』。
プラレスを心から愛する少年で、強い正義感を持つ。明王丸のオーナー。

佐和子

ヒロイン。

プラレス

明王丸(みょうおうまる)

主人公が作ったプラレスラー。
前作『プラレス3四郎』の主役プラレスラーの柔王丸と同様のスピード重視の軽量級体内には驚異的な多数の新機能が秘められている。

祝福(ブレス)

主人公が作ったプラレスラー。明王丸の兄弟機にあたるプラレスラー。
第10回プラレス・トーナメント大会 東日本B地区の決勝大会

プロト-07(プロトセブン)

『青いサソリ』が開発したUGV(無人地上機)。
当初は明王丸の敵として登場する、ある理由から組織に捨てられたところをVANたちに救われ、その恩義から彼らに協力する。また装甲パーツの一部は敗北し廃棄されたプラレスラーのパーツを流用

プロト-11(プロトイレブン)

『青いサソリ』が開発した某国のオブジェクティブフォースUGV部隊のURBOT(兵士携帯ロボットシステム)。
様々なパワーアップ用のオプションパーツを持ち、物量・装備とも民間機をはるかに上回る。

小酔仙(しょうすうせん)

第10回プラレス・トーナメント大会 東日本B地区の決勝大会に参加した
秋田地区の女性型プラレスラー
オーナーは越冬(えっとう)つばめ

ダーク・エンジェル

第10回プラレス・トーナメント大会 東日本B地区の決勝大会に参加した
宮城地区の女性型プラレスラー
オーナーはムチの女王

ポーラ・スター

プラレスの大会に参加した女性型プラレスラー

関連記事

親記事

プラレス3四郎 ぷられすさんしろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プラレスラーVAN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241

コメント