ピクシブ百科事典

概要

新鰭類アスピドリンケイに分類される絶滅魚類。
白亜紀後期の海に生息していた3メートルほどの大型魚で、性質はマグロカジキに似る。
見た目は太くしたバショウカジキといった印象だが、収斂進化によるもので現在では近縁ではないと考えられている。
(昔はカジキの仲間と考えられたり、カマスの祖先とされていたこともあったが、現在ではむしろアスピドリンクスに近縁と考えられている。)

頭と体が別々に見つかることが多いが、これは首にあたる部分があまり頑丈にできていなかったため、
死んだ後にちぎれてしまったためとされる。

関連タグ

関連記事

親記事

アスピドリンケイ あすぴどりんけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プロトスフィラエナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント