ピクシブ百科事典

プロトデビルン

ぷろとでびるん

プロトデビルンとは、マクロス7に登場する敵である。
目次[非表示]

概要

ゼントラーディ兵士たちの間で、恐怖の対象として語り継がれてきた伝説の存在。
個体の絶対体は少ないものの、その戦闘力は単独でゼントラーディの基幹艦隊クラスを容易に壊滅せしめるほど強大とされている。
ゼントラーディの彼らに対する恐怖の度合いは遺伝子レベルで刷り込まれているほどのものであり、名前を聞くだけで恐慌状態に陥る者が続出する。

生命体の持つ『スピリチア』と呼ばれる生命エネルギーを糧としており、スピリチアを吸われた者は廃人のようになってしまう。
また、スピリチアを吸った後の廃人を洗脳してコントロール下に置くことも可能。
バロータ星系に属する一惑星に纏めて封印されていたが、同星系を発見したイワーノ・ギュンター率いる人類の調査船団の手により封印が解け、同船団の人員を操って手勢である『バロータ軍』を結成、マクロス7船団に襲い掛かる。

その正体は、かつてプロトカルチャーによって造り出された戦闘兵士『エビル』に異次元から来たエネルギー生命体が融合して誕生したもの。
『エビル』はゼントラーディの上位存在として造られた生体兵器であり、ゼントラーディを率いる者として彼らを抑制する力を持っており、ゼントラーディがプロトデビルンを前にすると精神状態が不安定となるのはその名残りである。
その凄まじい戦闘力はプロトカルチャーの科学力とゼントラーディの兵力を以てしても止めることは出来ず、『アニマスピリチア』と呼ばれる一際強いスピリチアを有する者に封印されるまで、プロトカルチャーに壊滅的被害を及ぼし続けた。
つまり、プロトカルチャーが滅亡する決定的な要因となった存在である。

監察軍

超時空要塞マクロス』において、ゼントラーディが人類と遭遇する以前から交戦を繰り返しているとされる謎の勢力。
本来の設定では、プロトカルチャーが内部分裂を起こした際の敵対勢力の片割れの末裔とされていたが、同作の打ち切りによりお蔵入りとなってしまう。
そのため、後付け設定として、プロトデビルンによって操られた巨人兵士たちの生き残りがその正体として語られている。

メンバー

ゲペルニッチ

シビル

ギギル

ガビグラ (ガビル/グラビル)

バルゴ(マクロス)/ナッターバルゴ

ゴラム

ゾムド

関連タグ

マクロス7 マクロス

pixivに投稿された作品 pixivで「プロトデビルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4332

コメント