ピクシブ百科事典

目次[非表示]

背中押しますよNo.1―――‼

概要

ホー炎とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』におけるカップリングタグの一つ。
新No.2ヒーローホークス×新No.1ヒーローエンデヴァーのこと。

愚直で威圧的な雰囲気のエンデヴァーと、器用で飄々とした態度のホークス。性格も真逆、年齢も離れた対照的な2人だが、ハイエンド戦で共闘し、その後もヒーローとしての互いへの信頼が描かれている。

回想シーンの描写から、ホークスは子どもの頃からエンデヴァーに憧れていたらしい。

本編の描写(ネタバレ注意)


ヒーロービルボードチャートJP


本編に2人揃っての登場は、ホークスが初登場した20巻184話「ヒーロービルボードチャートJP」。明確な描写はないが、この時が初対面では無い様子。
壇上で上位ヒーローがそれぞれコメントを述べるが、その無難な発言をホークスは批判し、エンデヴァーにも「支持率俺以下No.1」と煽る。それに対し、「俺を見ていてくれ」とNo.1の覚悟を見せた。
発表終了後、控室で「安心しました かっこよかったですよ」とホークスが伝えた一方で、エンデヴァーは本心を疑い、「貴様のような人間が最も嫌いだ」と嫌悪感を露わにする。

ハイエンド戦での共闘


ビルボートチャート発表会後、ホークスは地元・福岡で脳無の目撃情報増加に際して、エンデヴァーにチームアップを持ちかけ、翌日には福岡で会合をする。

2人で街を歩く際には、話ながらも剛翼で敵退治をしたりファンサービスをなんなくこなしたりと器用なホークスと、ファンの少年に握手を持ちかけるものの「キャラと違う」と断られて困惑する不器用なエンデヴァーの違いが見られる。

戦闘が始まってからは、エンデヴァーがハイエンドとの戦いに注力する一方で、ホークスは民衆の避難誘導や、雑魚の処理など、サポートに回る。さらに、エンデヴァーが最大出力でのプロミネンスバーン放出ができるように剛翼で空中へ押し上げるなど、戦闘面でも支えた。

戦闘中のホークスの心象描写として、オールマイトを超えるべく不器用にあがくエンデヴァーの過去の姿が、その背を見つめる幼いホークスとともに描かれた。「俺ね 見てたんで知ってんですよ」
また、戦闘後の回想シーンでは幼少期のホークスがエンデヴァーの人形を持っていた。(コミックスのおまけによれば、エンデヴァー人形は定価3000円が在庫処分価格500円で投げ売りされるほどの人気のなさだった。)
これらの描写から、ホークスにとってエンデヴァーは子どもの頃からの憧れのヒーローなのではないかと推察される。

関連タグ

hrak【腐】 炎ホー

関連記事

親記事

hrak【腐】 ひろあかふ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ホー炎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ホー炎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15948443

コメント