ピクシブ百科事典

ボトリオレピス

ぼとりおれぴす

古生代デボン紀に生きていた魚。名前の意味は「溝のある甲羅を持つもの」。

概要

別名「ボスリオレピス」。大きさ30センチくらいで板皮類としてはそこそこ。
板皮類は大半が海に住んでいたがこのボトリオレピスは淡水に住んでおり、湖や川の底で暮らしていた。ちなみに目は前向きについている。

胸びれには関節があったので曲げることができ、魚のヒレだがカニの足のような格好だったのも特徴。
分布は広く、世界各地で化石が見つかっている。

関連記事

板皮類

関連記事

親記事

板皮類 ばんぴるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボトリオレピス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83

コメント