ピクシブ百科事典

マダム・ジャンヌ

まだむじゃんぬ

マダム・ジャンヌとは、07th_Expansionの作品『ローズガンズデイズ』の登場人物である。

概要

日本人同胞会『春風』の名誉会長。
他にも高名さを伺える様々な地位についているが、中でも最も有名な肩書きは『日本人マフィアの大ボス』であるらしい。

公式サイトにおいて、作品概要、世界観、キャラクター紹介を行っている『語り部』の正体。
立ち位置は本編ストーリーの未来にあたる『現代』の日本であると思われる。

また、ローズガンズデイズの物語は概ね、彼女の思い出話を主体としているため各EPがボトルメールや偽書だったうみねこに近く、林原樹里が話の裏取りをしていないため後からマダム・ジャンヌの嘘が発覚してストーリーがひっくり返る可能性がある。

世界観の解説でローズの悪評は金を借り逃げしようとしたクソッタレどもの逆恨みだと言ってるが
ローズは大口取引のキャンセル料踏み倒しのドタキャン、一方的な取引停止を米軍の力を使って押さえつけるとかなり恨みを買うことをやっており、彼女の話すことは都合のいい部分もしくは事実を曲解したものである可能性が高く注意が必要である。

キャラクターデザインは竜騎士07

関連タグ

ローズガンズデイズ

コメント