ピクシブ百科事典

ルドルフ1世

るどるふいっせい

歴史上、複数名存在したドイツ系の王侯貴族の名前。 ここでは13世紀後半の神聖ローマ皇帝でハプスブルク家の祖となったルドルフ1世を紹介する。
目次[非表示]

概要

1218年生~1291年没

ローマ(ドイツ)王(在位1273年~1291年)
神聖ローマ皇帝(在位1273年~1291年)

ドイツ貴族であるハプスブルク伯アルブレヒト4世の子。ハプスブルク伯としてはルドルフ4世。
当時の神聖ローマ皇帝であったフリードリヒ2世が名付け親であるが、この時点でのハプスブルク家はまだ神聖ローマ帝国及びドイツにおける有力な家門では無かった。

若い頃の神聖ローマ帝国内部は皇帝フリードリヒ2世による皇帝派と教皇派で争われていたが、ルドルフは皇帝派に属して教皇派の分家と争い、次第に勢力を拡大していきスイスにも勢力を築いた。

フリードリヒ2世の時代の後はホーエンシュタウフェン朝の断絶やその後の帝位を巡る混乱で神聖ローマ帝国は大空位時代を迎えていたが、1273年に教皇や選定侯ら有力貴族によりドイツでは弱小貴族で50歳を超えていたルドルフが敢えてローマ王に選出される事になり、同時に神聖ローマ皇帝となり大空位時代は終焉を迎えた。ただし、神聖ローマ皇帝として厳密に言えば生涯一度も戴冠はしていない。

即位後は周囲の予想に反してリーダーシップを発揮し、ローマ王選出に反対したボヘミア王オタカル2世と激しく争った末に1278年にマルヒフェルトの戦いでオタカル2世を討ち果たし、その後はオーストリアも獲得して本拠をウィーンに移しハプスブルク家躍進の礎となる。

関連作品

  • 蒼き狼と白き牝鹿チンギスハーンⅣ

1271年開始のシナリオ2にて神聖ローマ帝国の国王として登場。史実よりも2年早く神聖ローマ帝国のトップとして君臨する形となる。
シナリオ2に登場するヨーロッパ王侯ではイギリスのエドワード1世と並ぶ中々の高能力で特に戦闘面では「連射」技能を持っている為自軍操作時は心強く、敵としては手強い。寿命も大体史実ぐらい生きるので活躍期間もそれなりに有る。ちなみに宿敵のオタカル2世は配下であるがやはり忠誠はかなり低い。

関連タグ

皇帝 ドイツ
中世ヨーロッパ 王様

関連記事

親記事

神聖ローマ皇帝 しんせいろーまこうてい

pixivに投稿された作品 pixivで「ルドルフ1世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8962

コメント