ピクシブ百科事典

ルーク・トライトン

るーくとらいとん

ゲーム・「レイトン教授」シリーズの登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:堀北真希(ゲーム・劇場版) / 斉藤壮馬(TVアニメ)

概要

レイトン教授とよく一緒にいる利発な少年。
「先生の助手」を自称しており、主にレイトンと一緒にナゾ解きの冒険をしている。主な仕事は紅茶入れや片付け係。

子供らしく活発でストレートな性格で、服装の通りいいところのお坊ちゃんであるため、やや世間知らず。「未来の英国紳士」を目指している通り敵に立ち向かう勇敢な一面を持ち、レイトンもルークのことを信頼している。
動物と会話が出来る能力を持ち、ルークは知らなかったが父クラークも同様の能力がある。ただし、話す意志のない動物とは会話が成り立たない。


レイトンとの出会いはセカンドシーズン「魔神の笛」で当時10歳の時。
父親が町長を務めていたミストハレリの町に住んでいたが、「魔神」が現れてから父親や町の様子が変わり、それから間もなく母親が「長期旅行」の名目で行方不明になり、独自に「魔神」の正体について調べ始めた。
周囲の大人が信用できず、外部の大人の助けを求めるために手紙を出した相手が、父親の学生時代の友人であるレイトンであった。
これらの事情のため、レイトンと出会った当初は引きこもりがちな暗い男の子であったが、本来は明るい子供である。

事件解決後はレイトンに憧れるようになり、彼の「一番弟子」を名乗って、両親の同意を得て教授のナゾトキの冒険について行くようになる。
先にレイトンの助手になったレミとは、一番弟子を巡ってよく言い争いをしているが、仲は非常に良い。

レイトン初期3部作を経て、後に親の都合でアメリカへ渡る事となり、別れ際に号泣しながらもレイトンとは離れていても永久に友人であることを約束して、旅立っていった。



新PVのルークとカトリー



その20年ほど後の次世代を描く「レイトンミステリー探偵社」では、File10に於いて11年前の回想での登場(上記イラスト左)。
カトリーからは「おじさん」と呼ばれており、本人もカトリーには気にすることなく自身を「ルークおじちゃん」と名乗っている。
かつての未来像とは違う(少し父親に似た)立派な青年に成長し、衣装は水色から濃いブルーへ、肩掛け鞄からリュックサックへと変わっている。

物語開始よりも21年前の時点で彼は高校生位なので、現在は30代半ばあたりと思われる。さらに渡米した先で出会った女性メアリナと結ばれた既婚者となっていた。

帰省のため乗った旅客船で嵐による沈没事故に巻き込まれた所、乗り合わせていた考古学者の女性・カミラの出産を一人残って手助けし、後のカトリーエイルとなる女児の誕生に立ち会う。そして、彼女の願いを聞き届けた上で脱出し、その言葉に従い教授の下を訪れてカトリーを託す。

教授が娘の育児に携わる一方で、ルークは一人「120年前より続く伝説の大秘宝のナゾ」に挑戦しようと行動を開始。
大事な妻やレイトンとカトリーの平穏な暮らしを危険に晒したくないという考えにより単独で活動をしていたが、同じ秘宝を追っていた懐かしの悪に拉致され、監禁されてしまう。後にメアリナがレイトンに依頼をした事で彼に助けられ再会を果たし、一連の騒動を謝罪した後に久々のコンビ復活を果たす事になった。

そして、カトリーをローザに預けた教授と共にレリクスのナゾを解く冒険を始めたが、ある港町での調査内容とカトリーに対する教授の想いを綴った手紙をローザ宛に送ったのを最後に、二人共その消息が途絶えてしまう。

余談

pixivタグでは「ルーク」のみの表記が多く、このタグが付けられている投稿作品は極僅か。
しかし、ルークタグだけで検索すると他作品の同名キャラと一緒に出てしまう。
したがってレイトンタグとあわせて検索するのが最良(ゲーム公式では主に「ルーク少年」と表記されている)。

関連イラスト

ルーク
「先生?」



関連タグ

レイトン教授 レイトン教授シリーズ 助手

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーク・トライトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276112

コメント