ピクシブ百科事典

カトリーエイル・レイトン

かとりーえいるれいとん

『レイトンミステリージャーニー』の主人公。
目次[非表示]

「現実は、いつも稀有なものなのです!」

CV:有村架純(ゲーム版)/花澤香菜(アニメ版)

概要

レイトン教授シリーズの後継作、『レイトンミステリージャーニー/探偵社』の主人公を務めるうら若き女性。21歳。
そしてあのレイトン教授の娘であるようだが、息子と呼ばれる人物との関係性含め、詳細に関しては言及されていない。

行方不明になった父・エルシャールを探す(+ロマンを求める)目的で、ロンドンのトレーヌ通りに「レイトン探偵社」を開業。しゃべる不思議な犬「シャーロ」や、彼女を慕う青年「ノア・モントール」と共に様々な「珍事件」の解決に身を乗り出していく事になる。
自他共に"カトリー"の愛称で通しており、レイトンの名字で呼ばれる事は稀。

性格

極めて自由奔放かつ気分屋な性格で、しょっちゅう脱線する行動や発言をシャーロにツッコまれる事はお約束。
周りの人間が奇妙に思ったり恐怖したりする依頼内容であっても、「面白そうですね!!」「(ナゾの全貌が)みえないから面白いんじゃない!!」と目を輝かせて俄然やる気になる他、ゾンビや快盗を恐れる事も無ければ、犬であるシャーロが言葉を話している(彼の声が聞こえる)事に対して「これくらいでは(驚かない)」という発言をしている辺りかなり肝が据わっている。

そして物事ははっきり口にするタイプであり、ノアやシャーロが控えておいた方がいいと思われる発言も、カトリーは口にしてしまい二人を慌てさせる事がしばしばある。
上記の性格も相俟ってかなりのお転婆気質だが、英国紳士である父から淑女として礼儀正しくふるまうよう教育を受けていたため、本人も基本上品にふるまう努力はしている。そう、努力は。

趣味・嗜好

通常は、腰にリボンがついた赤いワンピースに黒のレギンスタイツ、(探偵としての機動性を重視してかヒールの低い)緑の靴といった「いつもの服」の姿が基本。
外出する際はベージュのコートと、頭に父のトレードマークをオマージュしたかのようなシルクハット付きのカチューシャを着用している(尚、シルクハットはカチューシャから取り外しが可能である)。
それ以外にも、年頃の女性である為ファッションには興味津々で、ゲームではプレイ中に入手した様々な洋服に着替えた状態でプレイことが出来る。

反面、典型的な「花より団子」タイプでかなりの大食い。ナゾや事件に食べ物が絡んだりすると俄然やる気になる。特にスイーツには目がなく、推理をする際は事件の全貌をまずスイーツに例える所から話し始める。その度にシャーロから「余計わからんわ!!」とツッコまれている(しかし回を経るについて慣れられたのか、例えだけでも「なんか美味しそうだ」と言われ始め、ついには「もう追求しない」と諦められた)。

贔屓にしているお店はヤンチャッタ菓子店のスイーツで、幼少期には父親と共に訪れている。また、彼女が身につけるアクセサリーはお菓子のモチーフ(フェイクスイーツデコ)が多く、アニメのOPではネックレスのトップが回ごとに違っている。

色恋沙汰に対する関心も薄めで、あるフェスティバルの調査をする際は調査対象の告白大会よりもフェスティバルの屋台の食べ物を気にしたり、ノアから人気監督の新作映画の試写会に招待された際は恋愛作品に気乗りしなかったのに、映画館内で販売されているポップコーンの話には食いついていた。(アニメではキスシーンに憧れる様子は見せたものの、映画本編以外の場面ではひたすらポップコーンを食べている)

当然、ノアの好意にも全くといっていいほど靡いていないが、「助手としてまだまだね」と呆れつつも探偵社においていたり調査の際に同行させたり、彼のプライベートなお誘いを受けたりする辺りはある意味で彼に気を許している節が見られる。

活躍

ナゾトキの際は自らの"ひらめき"と直感を重視し、関心の赴くままに動いて得た情報から導き出した答えを、軽い根拠しかないのに断言する「強引な推理」をやってのける。特にアニメの方では、ナゾや事件の全貌を明らかにする前に必ず3度に渡ってカメラ視点+大仰なポーズをするのがお約束。
しかし、時々そこに父親をリスペクトするかのようなセリフが入る事がある(例「もし、この事件(中)に犯人がいるとすれば…」)

そして一見ふざけているようなパフォーマンスの後に披露する、突拍子もない推理内容は何故か次々と的中する(あまりにも的確に図星をつかれる為、犯人も物的な証拠が無いにも関わらず隠せなくなってしまう)。その強引さのためにシャーロやジェラルディンからは"運頼り"と称される事もしばしば。

しかし、故意に悪事を行う者には辛辣な表現を浴びせる事はあるものの、そうでない者(人災で大勢の被害者が出るのを阻止するため怪盗となり悪事を行う)には毎回犯人の罪や事件の被害が軽くなるようなアドバイスや根回しをさりげなく行い、事態を丸く治めてしまう等、破天荒な行動の裏には父譲りの頭の回転の速さと、抜け目のない正義感や女性らしい優しさが見え隠れしている。

探偵社を開業する前からその(強引な)推理力で事件を解決に導く活躍をしており、開業後はその時の縁でアスポワロ警部の捜査に協力したり、ロンドンで起こる事件やナゾの依頼を受けたり、現場に居合わせたりと、解明に奮闘する姿は嘗ての父の活躍ぶりを思わせる。

ロンドン以外のイギリス各地、偶に世界中を周っていた父は自動車を主として様々な乗り物に乗っていたが、探偵社のあるロンドン近郊を行動拠点としているカトリーの主な移動手段は自転車(アニメで遠方に出向いた際は懐かしのある列車を利用していた)。

父への想い

探偵社を営み多くのナゾを解明している一方、探偵社を開いた肝心の目的「父エルシャール・レイトンの行方」については進展が全く無い。

ゲームのOPでは彼が勤めていた大学・グレッセンヘラーカレッジの教授部屋の前で、幼少期のカトリーと共にいるエルシャールの姿(但し目元はハットで隠れている)が確認できる。しかし、カトリーの夢からすると生き別れとなったのはかなり前の模様。

現在は一人暮らしをしており、年下であるノアの前ではお姉さん風に明るく振舞ったり、想定外の事態で誰もが驚愕する中で一人冷静になったりと年上の女性らしい面を見せるものの、姿を消そうとする父を追いかける夢を見て涙したり、父親の姿(実際は幻覚)を見て動揺したり、ふとした瞬間に父親の事を呟くなどといった、父への思慕と再会を望む寂しげな様子が窺える。


「大好きなパパのことだもん、離れ離れになっても、忘れるはずないじゃない」(アニメFile9より)

関連イラスト

父の日
Layton's Mystery Journey


レディ
カトリーちゃん



関連タグ

ミステリージャーニー ナゾ
探偵 淑女 ファッション 自転車 女主人公

































































ネタバレ的な重要機密

ゲームエンディング後及び、アニメで明かされた真実。それは(まぁ半ばそうではないかと思っていた人もいたであろうが)、

エルシャール・レイトンとは血の繋がりがないということ。

この件に関してエルシャールは11年前(現時点でのカトリーが21歳なのでその当時の彼女は10歳)に「ナゾ」という形で手紙に書き残しており、大人(所謂「成人=18歳」か?)になってから読んだであろうカトリーはそれを知りショックを受けながらも尚、自らを「エルシャール・レイトンの娘」と名乗り続けて父の行方を追う事、その為にレイトン探偵社を開業する事を決めた。

肝心の実の親に関しては現時点でゲーム/アニメ双方で明かされておらず、ファンの間ではレイトンシリーズの登場人物なのか、それとも全くの新キャラなのか物議が繰り広げられている。


…しかしそこはやはり毎度ぶっとんだ展開・ギミックで我々の予想の斜め上を行って驚かせてくれるのがレイトンワールド。


アニメ編の展開を見る限り彼女も矢張り只者ではない模様。それは、120年前より続く伝説の大秘宝レリクスに深く関わっている様である。その秘宝は他人を不幸に巻き込むとも云われてもおり、父エルシャールと相方ルークはどうやら随分前からこの秘宝のナゾを追っていたようで、ルーク曰く「秘宝のナゾを追い解く事=エルシャールとカトリーを引き離してしまう事になる」という。
それが関係しているかどうかは定かではないが、ルークの言葉通り物語時点でエルシャールはカトリーの前から姿を消している。

エルシャールが失踪して11年も経った現在。嘗て彼の勤めていた大学の教授部屋に出入りをしていたローザから失踪の発端と思われる「秘宝レリクスのナゾ」を聞き及んだ事で、カトリーもまたその運命の渦に巻き込まれる事となる。

pixivに投稿された作品 pixivで「カトリーエイル・レイトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127289

コメント