ピクシブ百科事典

ルーシア・レア・レグルス

るーしあれあれぐるす

ライトノベル『異世界はスマートフォンとともに。』の登場人物
目次[非表示]

レグルス帝国第三皇女、
ルーシア・レア・レグルスですわ。

cv:高木美佑(ドラマCD版)

プロフィール

出身レグルス帝国
肩書きレグルス帝国第三王女、ブリュンヒルド公国第二王妃
年齢12歳(登場時)→14歳
適性【絶対味覚】
好きな物料理、努力
嫌いな事負ける事
イメージカラー
専用機遊撃戦可変型フレームギア『ヴァルトラウテ』



人物像

レグルス帝国第三皇女。初登場時12歳。

帝国のクーデターの際、兵士に殺されそうになった所を冬夜に救われ、父と国(+兄の皇太子)をも救ってくれた冬夜に惚れ、との話し合いの末、5人目の婚約者となる。

冬夜のもとに来てからは、料理の才能を開花させ、
コックのクレアを師と仰ぎ腕を磨いている。

web小説#450で冬夜と結婚したため、#451以降公式の場では「ルーシア・ブリュンヒルド」か「望月ルーシア」を名乗っている。

専用機


名称ヴァルトラウテ
開発者ハイロゼッタ
ボーンフレーム開発者レジーナ・バビロン
整備責任者ハイロゼッタ
管理責任者フレドモニカ
所属ブリュンヒルド公国公王直属
搭乗者ルーシア・レア・レグルス
全高判明次第追記
重量判明次第追記
乗員人数1人
メインカラー
武装判明次第追記

 バビロンの施設の1つ『蔵』で発見されたフレームギアの基本設計を元に生み出されたルー専用機。ヴァルキュリアシリーズの1つ。遊撃戦換装型フレームギア。



関連タグ

異世界はスマートフォンとともに。
望月冬夜
料理上手



公式画像

ネタバレ注意

【以下ネタバレ注意!】


















 冬夜恋愛神の神の加護により、眷属特性【絶対味覚】に目覚めている。









Web小説#492現在、未来の娘(五女)である「アーシア」がブリュンヒルド城に来城した。(ちなみにファザコン)
冬夜が親である影響からか、無属性魔法【サーチ】と【アポーツ】を使用出来る。
間違ってもこの人ではない。

関連記事

親記事

異世界はスマートフォンとともに。 いせかいはすまーとふぉんとともに

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーシア・レア・レグルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5230

コメント