ピクシブ百科事典

三日月宗近(らぶバザ)

みかづきむねちからぶばざ

三日月宗近(らぶバザ)とは、ニトロプラス原作、DMMゲームズ運営によるブラウザゲームの『刀剣乱舞』と、カプコン制作のガンシューティングゲーム『BIOHAZARD』のクロスオーバーをした二次創作動画『らぶバザ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

※本稿は基本的に動画のネタバレを大いに含むので注意
掲載の情報は制作しているサークル様のサイトから一部引用しております

※二次創作なので、原作キャラとは若干設定が異なるので注意

人物

初代JSAGの総司令官であり、現在は顧問としてJSAGの活動をサポートしている。<br>
司令部の近くにある屋敷に、護衛役の骨喰と一緒に暮らしており、有事の際や司令部からの呼びかけに応じて顔を出す。
政界や財界にも顔が利き、表向きには引退しているが、裏では皆川総理のご意見番としても君臨している。

FBI&CIA編

テロ組織ラチェルタがアワドレンを所持しているという情報を手にし、その調査と保護の為に骨喰と共に来米。
鶴丸にアワドレンを所持するテロ組織ラチェルタの情報を教え、日本のエージェントであるJSAGがアメリカでも動けるように大統領に交渉した……パイプの太さがやばすぎる。
また、その後しばらく活躍の場がなかったが、敵のボスの懐に入り込んで悠々と登場し、ミサイルの発射を阻止するなど、やっぱりこの方はかっこよかった。骨喰と並んで挿絵があり、のんびりと「給料分は仕事をするか」と本家様のセリフを交えて刀に手を添える姿は必見。
事件解決後、保護した信濃藤四郎の今後について鶴丸と話し合っていた。
EDの挿絵では、砂浜で骨喰と共にのんびりとくつろいでいた。

JSAG編

前編に引き続き登場することがTwitterで発表された。

関連タグ

らぶバザ

コメント