ピクシブ百科事典

乱藤四郎(らぶバザ)

みだれとうしろうらぶばざ

乱藤四郎(らぶバザ)とは、ニトロプラス原作、DMMゲームズ運営によるブラウザゲームの『刀剣乱舞』と、カプコン制作のガンシューティングゲーム『BIOHAZARD』のクロスオーバーをした二次創作動画『らぶバザ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

※本稿は基本的に動画のネタバレを大いに含むので注意
掲載の情報は制作しているサークル様のサイトから一部引用しております

※二次創作なので、原作キャラとは若干設定が異なるので注意

人物

AWT製造No.Ⅶ
JSAGの対バイオ実動部隊「星鴉」というチームの一員。
身軽さと跳弾を利用した射撃と、爆弾を駆使したトリッキーな戦い方をする。200か国語の言語を習得しており、翻訳や外国語文書を作るのはお手の物らしい……ミダリンガルすげえ。また、変装技術を持っており、潜入やだまし討ちなど、様々な面で活用している。

FBI&CIA編

Chapter4から一期一振と共に登場。鶴丸の指示を受けてテロ組織ラチェルタのアジトへチームで潜入。和泉守の情報で信濃が生きていることを知る。後藤と共に進んだ先で沖田組や堀川、明石と合流。堅牢なドアを持ち前の爆弾兵器ボムソルジャーで突破し、その先にいた敵幹部のラケルタと戦闘を繰り広げる。
プラーガによる強化変異で銃が効かなくなったラケルタに対し、その場対応で調合した爆弾兵器ボムソルジャーを投げて「イオナズン」を再現。その後も仲間たちと共に怒涛の銃弾攻撃をしかけていた。
余談だがこの爆弾兵器ボムソルジャー・・・どう見ても某有名ゲームに出てくるボ・・・おっと、これ以上言うとイオグランデを受けるのでやめておこう。
ED挿絵では、信濃と一緒にボムソルジャーの砂像を造ったり、みんなで添い寝したりしていた。

JSAG編

前編に引き続き登場することがTwitterで発表された。

関連タグ

らぶバザ

コメント