ピクシブ百科事典

三橋妙子

みはしたえこ

「三橋妙子」とは、『パワプロクンポケット10』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

主人公の同級生で、隣のクラスの女子。
春田蘭とは親友でルームメイトである。高科奈桜からはタエタエと呼ばれている。

友人思いで面倒見が良く、頭の残念な奈桜を自室に引きずり込んでは勉強を教えていたりもする。
陸上部に所属しており、スポーツ特待生として入学したことから運動も得意。
外見は一目でわかる美少女で、蘭と共に野球部の練習を見学していた際、主人公も思わず「可愛い」と漏らすほど。またスタイルについても悪くないようで、明言こそされないものの巨乳であると思わせる描写が存在する。

このように文武両道才色兼備の優等生で欠点らしい欠点もなく、芯が強いように見えるが、周囲の影響を受けやすい。
野球は見たい番組が見れなくなる為、嫌い。

当初は主人公に憧れる蘭の親友という立場で登場し、蘭ルートに突入した際は、蘭の告白を断って親友を傷つけた主人公へ怒りをぶつけるといった行動に出るも、最終的に付き合うことになった二人を暖かく見守っている。

妙子ルートでは主人公が蘭の告白を受け入れたことを意外に思う一方、やがて彼が単なる野球バカであることに幻滅した蘭が主人公と別れてサッカー部ストライカーに夢中になると、「親友が迷惑をかけたお詫び」ということで主人公に勉強を教えてくれるようになる。
シリーズ中でも際立って頭の悪い主人公にも根気よく勉強を教え続け、当初は「どう見ても付き合っているような関係には見えない」と言う程度には意識しておらず、主人公も「大会中でも勉強するように」という妙子のことを考えると勉強のことを思い出してしまうため、「試合に集中できなくなる」と考えないようにしていた。
しかしバカなりに真面目に勉強を続ける主人公とは徐々に距離が近づいていき、やがて主人公から「ちゃんと相手の事を知って初めて好きだとわかる」という告白をされると「三年目の甲子園で優勝したら付き合ってあげる」という条件提示と共に微笑キスをして受け入れる。
その後は蘭から「あんな野球バカのどこが良いのかわからない」と呆れられつつも互いの恋愛を頑張ろうと言われたこともあって、主人公を応援するため生まれて初めて甲子園に駆けつけるなど積極的に野球にも関わっていく。

エンディングは甲子園で優勝できたかどうかで分岐するが、どちらのルートでも主人公の告白にOKを出しており、敗北した場合はプロの二軍で頑張る主人公の背中をじっと凝視し、優勝した場合はプロで頑張る主人公の計算ミスを指摘するなど、相変わらずの関係かつ仲睦まじい様子が描かれている。

このようにパワポケ史上でも稀有な、ごくごく「普通の」彼女候補である。
特にパワポケ10では他の彼女候補が軒並み複雑な家庭環境か、あるいは超能力や秘密結社といった社会の暗部に関わっているため、そういった一切の鬱展開や重い要素の無い彼女(と親友)の普通さは際立っている。

関連イラスト

タエタエ~ッ!!
シャッターチャンスだ!(ゲームが違う)


10
妙子とムーミンと水着。



関連タグ

パワプロクンポケット パワプロクンポケット10 パワポケ タエタエ 春田蘭 高科奈桜

pixivに投稿された作品 pixivで「三橋妙子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54211

コメント