ピクシブ百科事典

三重あい

みえあい

漫画『好きな子がめがねを忘れた』のヒロイン。目が悪いのにめがねを忘れるうっかり屋さん。

「 小村君の顔 忘れないようにしたいなって 」

人となり

漫画『好きな子がめがねを忘れた』のヒロイン。親しい友人からは「三重ちゃん」と呼ばれている。2年B組→3年B組。
目がとても悪く、教科書に貼り付くぐらい顔を近づけないと文字が読めなかったりと、生活にも支障をきたすほど。度が非常にキツいめがねを持ってはいるが、かけてくるのを忘れてしまったり、どこかに落としてきてしまうことが度々ある(物語の都合上、「忘れてくる日の話」が多いだけで、実際にはちゃんとかけてくる日のほうが多い)。裸眼の時は常に目を細めて睨みつけるような視線になってしまう一方、めがねで視界が良好だと大きな瞳で眼力が増す。
2年生の時にクラス替えで小村くんの右隣の席になり、めがねを忘れて困っていたところを初めて会話した彼に助けてもらう。それ以降、めがねを忘れる度に彼の優しさに触れ、甘え過ぎないよう意地を張ったりしながらも、信頼と親愛の情を寄せていく。

小村くん曰く、ぼーっとしていたり独特な言い回しを用いたりと、少しズレた言動が多い。純真な感性を持っており、小村くんと一緒に校外学習の班を組んだ際には「嬉しい」と口にする素直な一面も。
校外学習以降、小村くんへの気持ちに大きな変化があったようで、1日1回は彼の顔をじっくり見たり、一緒に行動しようとしたりと少し積極的に。自分から言い出して髪を結んでもらったり、独占欲が芽生えていることを打ち明けたりするなど、自発的に甘えるような態度を見せては小村くんを動揺させている。

門限が18時(破ると朝のココアがなくなるらしい)だったり、父と一緒でないとゲームセンターに行かせてもらえないなど、少し箱入り娘なところがある。
自分の外見に関しては少し無頓着で、色々と楽という理由でワンピースが好きらしい。もふもふの髪も「伸びたら切る」をくり返していたが、色んな人から言われて伸ばすようになった。
好きなゲームはどうぶ○の森で、100万円があったら大きい水槽で魚を飼い、お菓子も買いたいらしい。

関連タグ

好きな子がめがねを忘れた 女子中学生

関連記事

親記事

好きな子がめがねを忘れた すきなこがめがねをわすれた

子記事

兄弟記事

コメント