ピクシブ百科事典

下衆の勘繰り

げすのかんぐり

ことわざの一つ。あまりいい意味ではない
目次[非表示]

意味

卑しく、低俗な人が何かにつけて物事を悪く推測したり、変に気を回したりするという意味。
この通りあまりいい意味で使われることはなく、誰かの被害妄想邪推を批判したり揶揄したりする上で使われる。

下衆の勘繰りの一例

  • 今度異動してきた部長は、若く仕事もそこそこできるAさんの些細なミスを見つけていびってばかりいる。もしかしたら部長は自分が仕事ができないから地位が脅かされると思っているのかもしれない。
  • 女性アイドルのAが猫を飼い始めた。一人暮らしで動物を飼えるわけがない。きっと彼氏と同棲していて自分がいない時に世話をしてもらっているに違いない。ファンに対する裏切りだ。
  • 死刑廃止を唱える人達は自分たちが死刑になるのを恐れているから、ああやって声高に死刑廃止を主張しているのだろう。
  • クーデターの鎮圧のために自国の防衛システムの破壊を決断した指揮官に対して、叛意の疑いの目を向ける政府首脳陣。「下衆の勘繰りに付き合っていられるか。」


関連タグ

被害妄想

pixivに投稿された作品 pixivで「下衆の勘繰り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント