ピクシブ百科事典

中野玄人

なかのくろと

漫画・アニメ『世話やきキツネの仙狐さん』の主人公(画像右)。

CV:諏訪部順一

概要

漫画・アニメ『世話やきキツネの仙狐さん』の主人公。仙狐さんからは「おぬし」と呼ばれる。
原作では苗字のみで下の名前は登場していないが、アニメ化に際して「玄人(くろと)」という名前がつけられた。
身長180cmと、結構な長身。

終電帰宅・休日出勤が当たり前のブラック企業に勤める会社員(システムエンジニア)。心身共に疲弊していた彼を救うために仙狐さんが家に押しかけてきたことで物語が始まる。
帰宅寸前に別のプロジェクトのヘルプを頼まれても断れず、仕事が終わっていないからと自主的な休日出勤をするなど、ブラック企業から抜け出せない人にありがちな、責任感が強くお人好しな性格。何事もひとりで抱え込みがちで、他人に頼ったり甘えたりするのが苦手なため、仙狐さんがどれだけ甘やかそうとしても、なかなか素直に甘えられない。
仙狐さんが自分に先祖の影を重ねていることをシロに指摘されても、それを受け入れた上で仙狐さんといる幸福を肯定する度量がある。

センシティブな作品


重度のモフモフ好きで、隙あらば仙狐さんの尻尾をモフっている。モフ欲があらゆる欲望に勝り、千里眼でその欲望を覗き見たシロからドン引きされるレベル。仙狐さんがお風呂に背中を流しに来たときでさえ尻尾の付け根が見られることを何よりも喜び、濡れてしぼんだ尻尾を見たときにはこの世の終わりのような顔をしていた。
モフモフな生き物であればキツネに限らず何でも好きなようで、猫などにも目がない。

彼の背後に浮かび上がる黒いモヤ(仙狐さんたちは「心の闇」と呼んでいる)は、近くにいる人間にまで影響を及ぼす。単にブラックな労働環境による疲弊によって生じているものではないらしく、大学時代から「近付くと不幸になる」という噂を立てられていたらしい。
そのため大学時代も友人が少なかったが、八王子というキザな親友がいる。

趣味はゲームと映画鑑賞だが、就職後は時間がなくどちらもご無沙汰気味。

黒いモヤの出現率上昇で仙狐さんに心配され、紆余曲折あったが、原作第五十四尾でブラック企業を退職。その後、無職期間と就職活動を経て、かつて人助けをして腕を骨折した際の縁でホワイトな会社への再就職に成功した。

関連タグ

世話やきキツネの仙狐さん
仙狐さん シロ(世話やきキツネの仙狐さん) 高円寺安子

小林さん(小林さんちのメイドラゴン)……性別こそ違うが、職業や、人外の押しかけ女房と同居生活をすることになる点は共通する。
土間タイヘイ……同じ製作会社タイトルロールの女性キャラと同居するブラック気味の企業のシステムエンジニア繋がり。なお、こっちはお世話する方。
檀黎斗……名前繋がり。こっちは社長。ちなみに中野の方も大学時代にゲーム制作をしていたことがある。

関連記事

親記事

世話やきキツネの仙狐さん せわやききつねのせんこさん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中野玄人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1553

コメント