ピクシブ百科事典

久我重明

くがじゅうめい

夢枕獏の小説「獅子の門」および原作夢枕獏・板垣恵介作画「餓狼伝」に登場するキャラクター。板垣版「餓狼伝」では登場する回こそ少ないものの、その圧倒的な存在感からマニアックな人気を誇っている。

久我重明

画像素材「重明さん」


元々は夢枕獏の作品「獅子の門」に登場するキャラクターが板垣版「餓狼伝」にゲスト出演をした形で、原作では登場しない……と思ったら後年、板垣版に遅れて原作にも登場。
引き締まった体と浅黒く焼けた肌、そして全身真っ黒の衣装に身を包んでおり、おそらくは下着まで黒で統一しているファッションが特徴である。
闇の空手家として知られており、他の者を圧倒する技量の持ち主である。
マンガ本編ではグレート巽の友人として、巽の秘蔵っ子・鞍馬彦一に「組み手」と称して空手を教えた。
その時の深みのある言動、堂々たる佇まい、力で押されても技量でねじ伏せるスタイルの格好良さから一部ファンの心を掴んで離さない名脇役の地位を獲得した。

オリジナルである「獅子の門」では空手家ではなく萩尾流古武術という流派の使い手。「暗器の重明」の異名を持ち、異名の通り隠し武器による戦闘を得意とする。
またもちろん、素手での闘いにおいても圧倒的な実力を誇り、ルールのある格闘技にはけして不可能な”えげつない”技を躊躇なく使いこなす。
ヤクザの用心棒の仕事として相手をした志村礼二に乞われて、彼を弟子にする。その教育方針は「犬を飼わせて情が移った頃、素手で殴り殺させる」などスパルタの一言。
板垣版「餓狼伝」で人気を博したことが反映されたのか、「獅子の門」後半より出番が増え、重要人物となっていく……というか正直、最後のほうは主役のひとりと言っても過言ではない。

バキ・ミーツ・夢枕獏ワールドという夢のコラボ作品「ゆうえんち」にも登場。こちらでもプロレスラー3人を一挙に相手にするなど、久我さんはやっぱり久我さんでした。

関連タグ

餓狼伝

関連記事

親記事

餓狼伝 がろうでん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「久我重明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244922

コメント